人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年9月4日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】ヴィノクロフ以来、祖国カザフスタンに栄冠をもたらしたルツェンコ「ヴィノクロフが僕に的確な指示を与えてくれた」 /  第6ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line
アレクセイ・ルツェンコ

アレクセイ・ルツェンコ

ある意味で歴史的なエスケープ「ゼロ」ステージの翌日は、総合リーダーたちの力の誇示がほぼ「ゼロ」。おかげで史上初めてのエグアル山頂フィニッシュは、2020年ツール・ド・フランス初の逃げ切りの舞台となった。独走でアレクセイ・ルツェンコが自身初のツール区間勝者をもぎ取り、カザフスタンチャンピオンジャージを誇らしげに披露した。アダム・イェーツは生まれて初めてマイヨ・ジョーヌで過ごした1日を、何事もなく上手くやり過ごした。

「ツール区間勝利はずっと昔からの夢だった。こんな美しいステージを勝てたことが嬉しいし、間違いなくキャリア最大の勝利だ。僕にとってもチームにとっても、大きな快挙だよ」(ルツェンコ)

逃げ巧者たちの鋭い「嗅覚」が働いた。真っ先に動いたのはトーマス・デヘントだったという。現役屈指の大逃げキングは、結局はプロトン内に留まるのだけれど、その動きを見て確信を抱いた選手がひとり。すかさず前方へと走り出し、人生19回目のツール逃げに乗ったニコラス・ロッシュだ。

ダニエル・オスにヘスス・エラダ、エドヴァルド・ボアッソンハーゲン、アレクセイ・ルツェンコも後に続いた。中央山塊で生まれ育ったレミ・カヴァニャに、2016年には中央山塊で区間&マイヨ・ジョーヌ着用を達成したグレッグ・ファンアーヴェルマート、さらにはこの9月3日が24歳の誕生日……というニールソン・ポーレスも、逃げに飛び込んだ!

「逃げメンバーの顔ぶれを見て、これは最後まで逃げ切れるぞ、とすぐに悟ったんだ。それに今日は『コントロールの1日になる』と読んでいた。ピレネーの週末を控えて、総合勢たちは戦術的に睨み合うだけ。特に大きな動きは見せないはずだ、と」(ロッシュ)

実力派揃いの逃げ集団は、序盤1時間をなんと時速51.8kmという超高速で突き進む。プロトンとのタイム差は6分半にまで広がり、5日目を終えた時点で総合3分17秒遅れのグレッグ・ファンアーヴェルマートが、しばらくは暫定マイヨ・ジョーヌの地位を満喫した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ