人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年9月3日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】アラフィリップが20秒のペナルティで首位陥落。代わってマイヨ・ジョーヌのアダム・イェーツ「誰だってこんな風に着たいと思わない」 /  第5ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line
マイヨ・ジョーヌを着たアダム・イェーツ

マイヨ・ジョーヌを着たアダム・イェーツ

なんにもない1日の果てに、2つのサプライズが待っていた。良い衝撃は、前夜オルシエール・メルレットの1級峠で総合系クライマーたちを大いに苦しめたワウト・ファンアールトが、この日は純正スプリンターたちをまとめて薙ぎ払ったこと。そして悪い衝撃は、予想外のマイヨ・ジョーヌ交代劇が発生したこと。差をつけたのはペダルでも、落車やメカトラでもない。完全なる「無自覚」のルール違反によるペナルティだった。ジュリアン・アラフィリップはわずか3日で黄シャツを脱ぎ、アダム・イェーツが思いがけない栄光に酔いしれた。

「あまりに簡単なステージだったから、昨日の疲労を回復する時間はたっぷりあった。もしかしたらキャリアで一番簡単なステージだったかも。ただし、最終盤は、すごく難解だった」(ファンアールト)

日差しは強く、しかし風はすでに秋の涼しさをまとっていた。コース上には、首をがっくりとうなだれたひまわり畑が広がり、今が7月ではないことを改めて思い出させる。真夏の浮かれたような熱はどこにもなく、奇妙で寂しい2020年のフランス一周。

しかも5日目のプロトンは、ひどく淡々としていた。アラフィリップ曰く「すごく退屈で、すごく長いステージ」。開幕からの4日間は、スタートフラッグが降り降ろされると同時に誰かしらが弾丸のように駆け出して行ったものだが、この日はひとりも動かなかった。4km地点でようやくカスパー・アスグリーンが飛び出すも、あっという間に集団に回収された。

どうやら選手たちは逃げないことに決めたのだ。開幕からの4ステージがあまりにも厳しかったせいかもしれない。第1ステージの落車の影響を引きずる選手はいまだに多く、山岳続きで疲労も大きかった。ステージ後にブライアン・コカールが「今ツールがあまりにも難しいせいで、みんな恐れているんだ」と証言したように、今後を考えての体力温存策だったのかもしれない。序盤から難所をこれでもかと詰め込み、ひどく挑戦的なコースを描き上げた開催委員会は、思わぬしっぺ返しを食らってしまった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ