人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年8月30日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】極限の緊張が襲った初日。落車に巻き込まれたピノ「人生で一番ストレスを感じた」/ 第1ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line
アレクサンダー・クリストフ

表彰台にのぼるアレクサンダー・クリストフ

新型コロナウイルス、大雨、落車、落車、落車。あらゆるアクシデントを潜り抜けて、アレクサンダー・クリストフが真っ先にフィニッシュラインへ飛び込んだ。2カ月遅れのマイヨ・ジョーヌ争奪戦の、記念すべき最初の勝者となった。

「母国ノルウェーでこういった天候には慣れてるし、気温もほとんど似たようなものだったしね(笑)」(クリストフ)

待ちに待った、しかしとてつもなく奇妙な、そんなツール・ド・フランスが走り出した。176人の参加選手を含む22チーム×30人は、すっぽりと泡(バブル)に覆われ、観客はもちろん、メディアや家族も接触することはできない。

果たしてパリまでたどり着けるかどうかさえ分からない。新型コロナウイルス新規感染者の数は日に日に増え、大会側の対応も随時変更を余儀なくされている。ツール開催委員会が定めた条件「連続する7日間に選手・スタッフを含むチーム全体で2人が陽性で大会除外」は、チーム側の要求で一旦は「選手2人」に緩められたものの、開幕の朝、改めて当初の案に引き戻された。

またスポーツ大臣や内務省秘書官がニース入りし、この先は「国が介入」することを発表。ツールのステージが通過する各県の感染状況に合わせて、県警に観客数の制限等の対策を命じていく。

ただでさえストレスいっぱいで、しかもグランツール初日は通常時でも緊迫感で溢れているというのに、空模様さえプロトンには味方しなかった。それでもしばらくは、のんびりした時間が続く。スタートフラッグが降られると同時にファビアン・グルリエ、ミヒャエル・シェアー、そしてシリル・ゴティエが飛び出すと、あっさりとプロトンは逃げを許した。最大2分半ほどでタイム差をコントロールしながら、南フランスの美しき風景の中を淡々と走り続けた。

ところが雨の到来と共に、雰囲気は一変する。

「雨に備えて、タイヤも空気圧もしっかり調整していた。でもこの辺は雨が普段から少ないせいか、一旦雨が降ると路面はアイスリンクになるんだ……!」(グルリエ)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ