人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年7月26日

【ツール・ド・フランス 2019 第18ステージ / レースレポート】プライドをかけた戦い。アラフィリップ「なにがなんでもマイヨ・ジョーヌを救いたかったんだ!」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line
ジュリアン・アラフィリップ

「元」マイヨ・ジョーヌ候補たちはプライドをかけて走り、「現」マイヨ・ジョーヌは意地を見せ、もしかしたら「未来の」マイヨ・ジョーヌが攻撃を繰り出した。前でも後ろでも、コロンビア人たちが、まるで水を得た魚のように活き活きと山を駆け上がった。もちろん黄色いシャツは、いまだジュリアン・アラフィリップがしっかりと着込んでいる。

前方で繰り広げられたのは、プライドをかけた戦いだった。スタート直後から激しい飛び出し合戦が巻き起こり、1時間ほど後に、34人の勇者が前方へと進み出た。巨大な逃げ集団はまるで、どこかのグランツールの「メイン集団」と言っても差し支えないほど、豪華な顔ぶれが揃った。約3週間前のブリュッセルの開幕時にはスポットライトを浴びながら、思い通りの走りを実現できなかった選手たち。もしくはそんな選手を支えてきた強力なアシストたち。そんな彼らが、パリまでに残された数少ないチャンスでどうにか誇りを取り戻そうと、大挙してエスケープに詰めかけたのだ!

特に奮闘したのが、第15ステージですでに大逃げを試みたナイロ・キンタナとロメン・バルデ。共に飛び出したアシストの協力を得て、集団を少しずつ小さく削っていく。一方でツールにはヴィンチェンツォ・ニバリを支えるためにやってきたはずのダミアノ・カルーゾと、ヤコブ・フグルサングの落車リタイアで急遽前日から区間争いに切り替えたアレクシー・ルツェンコも、2人のグランツール表彰台常連とガリビエの山道までぎりぎり張り合った。

Cycle*2019 ツール・ド・フランス 第19ステージ

ところでアルプス3連戦のあえて初日に逃げた理由は、決してステージ優勝だけではなかったはずだ。第18ステージに登場する峠を全て1位通過した場合、92ptを手に入れることができる。3日間のトータルでは最高206pt収集可能だ。すなわちティム・ウェレンスが15日間かけてこつこつ貯めてきた64ptを、あっさりひっくり返せるというわけ。当のウェレンスも逃げに挑み、1級ヴァルス峠では先頭通過を果たしたものの……残念ながらこれが限界だった。続く超級イゾアールではカルーゾがバルデに競り勝ち、その次の超級ガリビエでまたしてもバルデが2位通過。すでに第15ステージで収集済みの18ptと合わせて、ステージ後に赤玉ジャージをもぎ取った。

「ここまで失望続きだったけど、今日は本当に嬉しい!このジャージをパリまで守ることが、今の僕の唯一の目標だ」と、ようやく心からの笑顔を見せたバルデは、同時に「ジャージ獲りにエネルギーを使いすぎた」ことも認める。残り27km、ロタレ峠を抜けてガリビエの山道へと走り込んだ直後の、キンタナの鋭いカウンターアタックには反応できなかった。

第15ステージと同様に、キンタナは「そもそもはミケル・ランダを助けるために逃げた」という。たしかに所属チームのモビスターも、「前待ち作戦」へ向けて、ステージ中盤まで猛烈にメイン集団を牽引していた。しかし途中で狙いをステージ優勝に切り替えた。キンタナの調子は良かった。なにしろ自分が輝ける条件がすべて揃っていた。「長い山道」「高い標高」、さらに「これほどの標高ではアレルギーも引っ込む」のだそうだ。あとはアタック一発で十分だった。標高2800mの土地で生まれ育ったコロンビア人は、標高2642mのガリビエ山頂へ向けてひとり飛び立ち、驚異的な速さで後続とのタイム差を広げていく。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ