人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年7月15日

【ツール・ド・フランス 2019 第9ステージ / レースレポート】ジュリアン・アラフィリップが革命記念日でイエロージャージを纏う「一日一日進んでいく」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line
ジュリアン・アラフィリップ

マイヨ・ジョーヌで、7月14日革命記念日で、しかもレースが通過するのは6歳の頃から暮らすオーヴェルニュ地方!ジュリアン・アラフィリップにとってはまさに完璧な1日だった。おまけに沿道の熱狂とは対照的に、レース自体は本人曰く「極めて静か」だった。ステージ地に駆け付けた家族や友達の前で、5度目のイエロージャージ表彰式を楽しんだ。

前方はちっとも静かではなかった。序盤15㎞ほどのアタック合戦を勝ち抜いて、大きな一団が逃げ出した。「キャトーズジュイエ」の栄光を夢見るフランス人2人を含む15人の先頭集団には、上れるスプリンターからクライマーまで、果てには世界最高峰のタイムトライアリストさえも滑り込んだ。幸いなことに総合争いを脅かす選手は皆無。つまりメインプロトンはあっさり13分近いリードを許し、フィニッシュまでいまだ62㎞も残っているというのに……前方は区間勝利へ向けて激しいせめぎ合いへと突入した。

Cycle*2019 ツール・ド・フランス 第10ステージ 放送情報

戦いの口火を切ったのはサイモン・クラーク。昨ブエルタでは大逃げ勝利をさらったオージーに続き、攻撃に転じたのはガルシア・コルティナだ。その直後にルーカス・ペストルベルガ—は、カウンターアタックで飛び出した。30㎞弱も単独で逃げ続けたが、この日最後の山岳にさしかかった残り15㎞、エスケープの友7人に捕らえられた。

オーヴェルニュが位置する中央山塊の起伏は、登坂距離こそ長くはないものの、勾配は決して優しくはない。この日の前半に登場した「ミュール=壁」という名を持つ1級峠は12%超の勾配が延々続いたし、最後の3級サン・ジュストも、中盤に9%ゾーンが潜んでいた。この急坂を利用して二コラス・ロッシュとティシュ・ベノートが加速。ダリル・インピーも後に続いた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ