人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年4月12日

【パリ~ルーベ プレビュー】全長54.5kmにも渡る石畳の責苦!「クラシックの女王」を射止める幸運な男は誰か?

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line

この春も地獄の門が開かれる。その先に待ち構えるのは、全長54.5kmにも渡る、石畳の責苦。ただ真の強者だけが、257kmのレースの果てに、天国へとたどりつく。

石畳月間の大トリを飾る第117回パリ~ルーベは、2019年4月14日の日曜日、おなじみパリ北部のコンピエーニュから走り出す。序盤約95kmのアスファルト路で、たっぷりと仁義なきポジション争いを繰り広げたプロトンは、いよいよトロワヴィルから石畳バトルへと突っ込む。

コース上に組み込まれた石畳セクターの数は、過去2年と変わらず29。ただし序盤の数区間は、顔ぶれや順番が少し入れ替わった。これは開催委員長のクリスティアン・プリュドムが「レースをより不確定なものにしたい」と望んだからであり、目的はプロトンを早い段階でバラバラに切り裂くこと。

例えば2018年大会は、第28セクター入口から第25セクター出口までが全長22kmで、石畳距離は9.7km。対する2019年大会は..全長13kmで、そこに10kmもの石畳区間がぎゅうぎゅうに詰め込まれている!

第23セクター以降は、使用パヴェも通過順も昨年と全く同じ。第19セクターにおなじみ伝説的アランベールの一本道が、第11セクターには直角カーブが2度登場するモン・アン・ペヴェールが、そして第4セクターにはファンが詰めかけすぎて一寸先さえ見えないカルフール・ド・ラルブルが、難度「5つ星」の評価とともに待ち受けている。

ただし、石畳路そのものが、去年までと全く同じ表情をしているわけではない。おなじみ「パリ~ルーベ友の会」の尽力で、石畳は常に申し分のない状態に生まれ変わっている。肝心の今年はアランベールの、全長2300mの石畳路のうち、入り口の500mが完全に敷き直された。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧