人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年3月11日

【ブエルタ・ア・アンダルシア:プレビュー】イェーツ兄弟参戦!チャベスも復活のシーズンへと走り出す。

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line

一足早い春が、南スペインに訪れる。欧州での本格開幕まであとわずか。情熱のアンダルシアを舞台に繰り広げられる5日間の熱戦が、2019年シーズンの行方を占う。

古くから「ルタ・デル・ソル(太陽の道)」の愛称で親しまれてきた大会は、今年で第65回目を迎える。5度の最多総合勝利を誇るのは、至極当然のように、38歳世界王者バルベルデ。近年は特にフルーム、コンタドール、ポート、バルデ、ピノー等々のグランツールタイトルを狙う大物たちが、総合争いをにぎわせてきた。

2019年大会の目玉は、ずばり、イェーツ兄弟の参戦だろう。昨秋のブエルタでついに生まれて初めてのグランツール制覇を果たしたサイモンは、アンダルシアを今季1戦目に選んだ。チームメートであり、ジロとブエルタで総合表彰台経験を持つチャベスもまた、復活のシーズンへと走り出す。

ツール表彰台乗りを狙うクライスヴァイクやフグルサングもスタートラインに並ぶが、短期間ステージレースにめっぽう強いヨン・イザギレやLLサンチェス、モホリッチからも目が離せない。もちろんディフェンディングチャンピオンのティム・ウェレンスは、再び赤いリーダージャージを獲りに大会へと乗り込んでくる。

そのウェレンスが1年前に主導権を握った地が、アルカラ・デ・ロス・ガスレス。昨大会は第4ステージのフィニッシュ地だったが、2019年大会は初日にいきなり登場する。そう、つまり、アンダルシア名物の白壁の間をすり抜けて、とっても素敵な小道の……石畳の超激坂を駆け上るフィニッシュだ!ラスト1.2kmは平均勾配10.8%。最大18%ゾーンも待ち構える。参考までに2018年大会第4ステージのウェレンスは、区間2位ランダに5秒差、最終総合2位プルスに13秒をつけた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧