人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2018年7月18日

【ツール・ド・フランス2018 第10ステージ結果速報】アラフィリップがラスト30km独走し区間初優勝!GVAが敢闘賞で首位キープ!!

ツール・ド・フランス by J SPORTS 編集部
  • Line
区間優勝したアラフィリップ、未舗装路を駆け下りる

区間優勝したアラフィリップ、未舗装路を駆け下りる

アレクシス・ヴュイエルモーズ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル)とイェンス・ケウケレール(ロット・ソウダル)の2選手が未出走となった休息日明け、アルプス3連戦の初日。舞台は初登場・超級グリエール峠&未舗装路ダウンヒル、1級ロム峠&コロンビエール峠&14.5kmの高速ダウンヒルと話題に事欠かない。

逃げ切れそうなコースプロフィールのため、アクチュアルスタートから激しいアタック合戦が繰り広げられ、マイヨ・ジョーヌ維持の可能性を残したいグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(BMCレーシングチーム)や中間スプリントポイントまで行きたいペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)など20選手が最初の4級山岳まで辿り着くと、ようやくメイン集団とのタイム差が開きはじめた。

この日、何度も積極的にアタックを仕掛けたジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ)が4級山岳を先頭通過、その後の中間スプリントポイントはサガンが先頭通過で20ポイント獲得し、1級クロワ・フリ峠に突入。チーム スカイがコントロールするメイン集団は2分後に登坂を開始、先頭グループではリリアン・カルメジャーヌ(ディレクトエネルジー)が山頂まで4km地点でアタック、セルジュ・パウエルス(チーム ディメンションデータ)が追いつき、レイン・タラマエ(ディレクトエネルジー)とリュディ・モラール(グルパマ・エフデジ)がカウンター、山頂をモラールが先頭通過し下りで先頭グループがまたひとつになった。

超級グリエール峠に入るとヴァンアーヴェルマート、パウエルス、モラール、トマ・ブダ(ディレクトエネルジー)、ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ)の5選手が抜け出す、4分後ろを走るメイン集団はチーム スカイがペースコントロールしている。ゴデュが勾配のキツい場所でペースをあげると逃げグループは散り散りになった。アラフィリップが山頂手前でゴデュを追い抜きそのまま未舗装路のダウンヒルを駆け下りた。

真っ白な砂煙が舞い上がる未舗装路でクリス・フルーム(チーム スカイ)はパンクに見舞われたがアスファルト区間でメイン集団に追いつくことができた。アラフィリップも追走を待ち15選手で1級ロム峠を目指す、メイン集団までタイム差は6分以上に広がっていた。

登坂開始早々フィリップ・ジルベール(クイックステップフロアーズ)、トーマス・デハント(ワンティ・グループゴペール)、ダリル・インピー(ミッチェルトン・スコット)が遅れはじめた。メイン集団からワレン・バルギル(チーム フォルテュネオ・サムシック)がアタックするも不発に終わり、後方ではグルペットが形成され山岳賞ジャージ着用のトームス・スクウィンシュ(トレック・セガフレード)もついていけなくなった。

先行するタラマエをアラフィリップが追走、ゴールまで残り距離30kmで追い抜き先頭で山頂を越えて最後の1級コロンビエール峠へ。ヴァンアーヴェルマートは苦しみながらも、まだ50秒遅れでついている。メイン集団ではリゴベルト・ウラン(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)が遅れはじめた。

アラフィリップは独走のままコロンビエール峠を登りダウンヒルも攻め、後続に1分34秒差をつけて、ツール区間初優勝、山岳賞でも首位に立ちマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュを獲得、今大会初のフランス人勝者となった。4着には敢闘賞のヴァンアーヴェルマートが入り総合勢から1分40秒差をひろげた。

メイン集団ではダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ)がコロンビエール山頂手前でアタックし、ウランやボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ)、ラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)、バウケ・モレマ(トレック・セガフレード)、イルヌール・ザカリン(チーム カチューシャ・アルペシン)が取り残され、ウランが2分以上タイムを失った。

「ツール・ド・フランスで区間優勝することは夢だった、このステージが自分向きだとわかっていた。最初、逃げられなかったので神経質になったけれど、やりとげることができた、美しい勝利だ」(アラフィリップ勝利後インタビュー)

「アタックする予定じゃなかったんだけど、2年前にもマイヨ・ジョーヌで逃げたのは楽しい経験だったからトライしたんだ。このジャージでルーベや今日アタックしたことは歴史に残るよね」(ヴァンアーヴェルマート、レース後インタビュー)

第10ステージ結果

1 ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ/フランス)in 04h 25'27''
2 ヨン・イサギーレ(バーレーン・メリダ/スペイン)at 01'34''
3 レイン・タラマエ(ディレクトエネルジー/エストニア)at 01'40''
4 グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(BMCレーシングチーム/ベルギー)at 01'44''
5 セルジュ・パウエルス(チーム ディメンションデータ/ベルギー)at 01'44''
6 リリアン・カルメジャーヌ(ディレクトエネルジー/フランス)at 02'24''
7 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)at 03'23''
8 プリモシュ・ログリッチェ(チーム ロットNL・ユンボ/スロベニア)at 03'23''
9 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)at 03'23''
10 ゲラント・トーマス(チーム スカイ/イギリス)at 03'23''
・・・
30 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/アメリカ)at 04'14''
31 イルヌール・ザカリン(チーム カチューシャ・アルペシン/ロシア)at 04'14''
32 ラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ/ポーランド)at 04'14''
34 リゴベルト・ウラン(チームEFドラパック・p/bキャノンデール/コロンビア)at 05'59''
44 ティージェイ・ヴァンガーデレン(BMCレーシングチーム/アメリカ)at 10'52''

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧