人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2018年7月14日

【ツール・ド・フランス2018 第7ステージ結果速報】長い長い移動ステージを制したのはフルーネウェーヘン、GVAはボーナスタイム3秒獲得

ツール・ド・フランス by J SPORTS 編集部
  • Line
圧倒的強さを見せたディラン・フルーネウェーヘン

圧倒的強さを見せたディラン・フルーネウェーヘン

フジェールを出発しシャルトルへと向かう今大会最長213kmの移動ステージ。連日の中級山岳コースの疲れが残るのか、ファーストアタックを吸収したあとプロトンは膠着状態に陥った。トーマス・デハント(ワンティ・グループゴペール)が単騎で13kmほど先行、吸収の際にカウンターでアルテュール・ヴィショ(グルパマ・エフデジ)、イヴ・ランパルト(クイックステップフロアーズ)、トニー・ガロパン、オリバー・ナーセン(共にアージェードゥゼール・ラ・モンディアル)、ルーカス・ポストルベルガ―(ボーラ・ハンスグローエ)、ミヒャエル・ゴグル(トレック・セガフレード)、トーマス・デヘント(ロット・ソウダル)、エドワード・トゥーンス(チームサンウェブ)、サイモン・ゲランス(BMCレーシングチーム)、ジュリアン・ヴェルモト(チーム ディメンションデータ)という強力な10選手での先頭グループが形成されたが、それも12km程度でメイン集団は飲み込んだ。

スタートから35km経過したところでヨアン・オフレド(ワンティ・グループゴペール)が1人抜け出し唯一の山岳ポイントを獲得、最大9分程度のタイム差で108kmほど先行したものの横風分断作戦で加速したメイン集団があっさり吸収。次に飛び出したのはローラン・ピション(チーム フォルテュネオ・サムシック)、中間スプリントポイントを先頭通過しフェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ)、ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)、アレクサンドル・クリストフ(UAEチームエミレーツ)が続いた。

残り距離38kmでこの日の敢闘賞ピション吸収すると、集団スプリントに向けたチーム間の水面下での争いが火花を散らす。ロット・ソウダル、BMCレーシングチーム、アスタナ プロチーム、アージェードゥゼール・ラ・モンディアルらが集団前方縦一列で隊列を組み、徐々に速度を上げていく。ボーナスタイムポイントでは誰もが脚を温存し、争わずにマイヨ・ジョーヌ着用のグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(BMCレーシングチーム)が3秒のボーナスタイムを獲得した。

時速55km/hの速度でシャルトルの街中に入り、左へ曲がり大きなロータリーをやり過ごすと集団は30人程度まで絞られた。その中で人数を確保しているチーム スカイやチーム ディメンションデータ、ボーラ・ハンスグローエ、チーム ロットNL・ユンボが牽引、最後の右カーブを曲がるとラスト1.8kmはコフィディス、ソリュシオンクレディ先頭、フラムルージュをチーム ディメンションデータが一番に駆け抜けるとラモン・シンケルダム(グルパマ・エフデジ)の背後からクイックステップフロアーズアシスト陣のリードアウトからガビリアがインコーナーでスプリントを開始、背後にはサガンがはりついている。クリストフが外側から加速するとさらに大外からディラン・フルーネウェーヘン(チーム ロットNL・ユンボ)が一気に先頭におどり出ると余裕を持ってフィニッシュ、昨年のシャンゼリゼに次ぐツール通算2勝目を飾った。

「ツールが始まってしばらくは調子がよくなかったけど、第4ステージからよくなってきた、クリストフをマークして残り200mでスプリントした、明日も勝利を狙っていきたい」(フルーネウェーヘン勝利後インタビュー)

「ボーナスタイムポイントを獲れてよかった、マイヨ・ジョーヌをキープできたのでよい1日になった、石畳ステージの後もキープできるよう頑張りたい」(ヴァンアーヴェルマートレース後インタビュー)

第7ステージ結果

1 ディラン・フルーネウェーヘン(チーム ロットNL・ユンボ/オランダ)in 05h 43'42''
2 フェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ/コロンビア)at 00'00''
3 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)at 00'00''
4 アルノー・デマール(グルパマ・エフデジ/フランス)at 00'00''
5 クリストフ・ラポルテ(コフィディス、ソリュシオンクレディ/フランス)at 00'00''
6 ジョン・デゲンコルブ(トレック・セガフレード/ドイツ)at 00'00''
7 ダリル・インピー(ミッチェルトン・スコット/南アフリカ)at 00'00''
8 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル/ドイツ)at 00'00''
9 アンドレア・パスクアロン(ワンティ・グループゴペール/イタリア)at 00'00''
10 マーク・カヴェンディッシュ(チーム ディメンションデータ/イギリス)at 00'00''

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧