人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月29日

【ウインターカップ2018 コラム】大観衆を魅了、「大当たりの富永」vs「福岡第一の鬼プレス」

バスケットボールレポート by 平野 貴也
  • Line
後半、厳しいマークに苦しめられた富永

後半、厳しいマークに苦しめられた富永

緑の嵐が、桜のエースを封じ込めた。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は28日に男子の準決勝を行い、第1試合は福岡第一(福岡)が103-72で桜丘(愛知)を下して2年ぶりの決勝進出を決めた。

試合の見どころは、桜丘のエースである富永啓生(3年)を、福岡第一がいかにして止めるかという点にあった。富永は、U-18日本代表のエースで、世代屈指のシューターだ。準々決勝までの4試合すべてで35点以上をマークし、得点能力の高さを見せつけていた。そして、福岡第一戦も前半は驚異的なパフォーマンスを見せた。第1ピリオドでいきなり3ポイントを4発。第2ピリオドにも3発。合計7本の3ポイントを含む31得点を稼ぎ出した。福岡第一は、古橋正義(3年)が徹底マークについたが、第2ピリオド序盤で2ファウル。代わって小川麻斗(2年)がマークにつき、チームとして他者がカバーに入るヘルプディフェンスも行ったが、いずれも止めきれなかった。

古橋は、県予選決勝でも福岡大大濠の得点源である横地聖真(2年)のマークを任されたエースキラー。ディフェンスが売りの福岡第一の中でも最も守備力に定評のある選手だ。古橋は、富永に入って来るパスや、打たれるシュートに対し、長い腕を伸ばしてコースに制限をかけ、さらに「富永選手は左利き。右へのドリブルを多くさせるというアドバイスを受けていた。スクリーンを使われて振り切られる場面も、こっちのセンターが出て(代わりにマークに付くようにけん制して)僕がマークに戻ったら、元に戻るようにと話をしていた」と話した通り、戦術的な守備を展開したが、それでも富永は止まらなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧