人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年10月15日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 2】心身両面で準備できていることの大事さを証明した荒尾

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

Always be ready!
試合に出られない状況が続いてしまった選手は、出場機会を得た際にいいプレーができるように心身両面で準備できているかが重要。B1第2節でこれを正に体現した選手がいる。滋賀レイクスターズの荒尾岳だ。

198cmのビッグマンで日本代表として2015年のアジア選手権(現アジアカップ)に出場した経歴を持つが、一昨季と昨季の千葉ジェッツではローテーションから外れたことや故障もあり、出場した53試合の平均プレータイムも5.8分。滋賀レイクスターズへの移籍は、出場機会を求めていた荒尾からすれば必然だった。その決断が正しかったことが、10月13日の川崎ブレイブサンダース戦で証明されたと言っていい。

開幕から4試合目で初めて先発で起用された荒尾は、持ち味のディフェンスにおけるハードワークに加え、7分53秒にハンドオフのフェイクからワンハンドのシュートを成功。これでリズムをつかむと1分22秒に2本目、2Q8分13秒に3本目のシュートを決めるなど、オフェンス面で滋賀を勢いづかせる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ