人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年10月13日

ジャイアンツvs.ドジャース、シーズン100勝越えライバル決戦は「ウィナー・テイクス・オール」へもつれ込む。ナ・リーグ ディビジョンシリーズ第5戦展望

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ジャイアンツvs.ドジャースは第5戦へ

西地区の「レギュラーシーズン100勝越えライバル決戦」となったジャイアンツvs.ドジャースのナショナル・リーグ ディビジョンシリーズ第4戦は、ドジャースが本拠地でジャイアンツを7-2で下し、シリーズの対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。

J SPORTS 放送情報

期待通りの接戦となったシリーズは、これにより勝者が勝ち抜けを決める「ウィナー・テイクス・オール」(勝者総取り)の第5戦へもつれ込む展開となった。

現地10月14日(日本時間15日)にサンフランシスコのオラクルパークで行われるシリーズ最終戦で勝利したチームは、ブルワーズを下し、シリーズ3勝1敗で一足先に現地16日から始まるナ・リーグ優勝決定シリーズへと駒を進めたブレーブスと対戦することになる。

ちなみに、『MLB.com』のサラ・ラングス記者のツイートによると、レギュラーシーズンで100勝以上したチーム同士の対戦したポストシーズンのシリーズが最終戦までもつれたのは、2017年のアストロズvs.ドジャース以来、今回が史上5回目とのこと。

また、同サイトでジャイアンツを担当するマリア・グアルダード記者の投稿した記事によると、「ポストシーズンの“ウィナー・テイクス・オール”の試合における、ホームチームの成績は61勝61敗となっており、ディビジョンシリーズの第5戦となると、ホームチームは14勝21敗(2016年以降は1勝5敗)としている」とのこと。

歴史を紐解くと、シリーズ最終戦、特に3戦先勝のディビジョンシリーズでは、本拠地という地の利がかえってプレッシャーという仇となるホームチームの旗色が悪そうだが、ジャイアンツにとって朗報は、勝利したシリーズ第1戦で好投し、この第5戦でも先発マウンドを託されることになるローガン・ウェブが、今季ホームで無類の勝負強さを見せつけている点である。

2021年のレギュラーシーズンで、ウェブはオラクルパークで登板した13試合で無敗を誇っており、先述したシリーズ第1戦を含めると、本拠地での直近14試合の成績を7勝無敗、防御率1.78としている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ