人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年7月3日

大谷翔平、ベーブ・ルースを超えたのではないかと現地報道

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

6月のアメリカン・リーグ月間最優秀選手に選出された大谷翔平の勢いは、7月も止まりそうにない。この日も文字通りの“ショウ・タイム”である。

現地7月2日(日本時間3日)に本拠地エンジェルスタジアムで行われたオリオールズとのシリーズ初戦に、2番・指名打者で先発出場したエンジェルスの大谷は、3回の第2打席で球宴前の本塁打数として、トラウトの持っていた球団記録を更新するノーダウター(打った瞬間それと分かる本塁打)の29号を右翼スタンドへ叩き込む。

そして、続く第3打席では逆方向へ逆転の30号2ランを放ち、走っては同点で迎えた9回裏に二盗を決め、今季の盗塁を12に伸ばすと、さらにウォルシュの右前打で俊足を飛ばして本塁に生還し、サヨナラのホームを踏んだ。

ソーサ、プホルス以来の快挙

『MLB.com』が試合後に掲載した速報記事によると、「オオタニはアメリカン・リーグの選手として、史上初めてシーズン最初の81試合で30本塁打10盗塁を達成した」とのこと。

ちなみに、ナショナル・リーグではカブスのサミー・ソーサ(1998年)と、当時カージナルスに在籍していたアルバート・プホルス(2009年)の2人が、これを達成している。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

また、真の二刀流としての活躍から、頻繁に“ベーブ・ルース以来”の偉業を達成している大谷だが、現地メディアの間では、既に“ベーブ・ルース越え”の声も上がっている。

アメリカの『ヤフースポーツ』に記事を寄稿しているジャック・ベア記者は、同日付で“ショウヘイ・オオタニはあらゆる歴史を作っている”と題した記事を投稿。

この試合で大谷がトラウト越えの29号を放ち、さらに球宴前の30本塁打10盗塁を達成したことから、記事の冒頭で、「ショウヘイ・オオタニが特別であることを見せる方法に事欠くことはないわけだが、金曜のパフォーマンスは、それだけで十分にそのことを照明した」と伝えた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ