人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年3月26日

秋山翔吾選手インタビュー vol.3 新しい背番号と強い心で新天地に挑む

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

秋山翔吾選手インタビューの第3回。新背番号が「4」になった経緯、チームメイトとのファーストコンタクトで準備している「秘密兵器」のことを聞いた。そして、最後に色紙に書いた「心」という言葉の意味とは?

取材:J SPORTS/写真:山本恵太

★vol.1 MLBへの挑戦は自分の立ち位置を確かめる旅
★vol.2 アメリカでの野球は未知との遭遇

◆呼び方は「アキ」か「ショウゴ」かどちらか。「ウナギ」はなしで(笑)

―― 英語でのコミュニケーションはどうですか?

トレーニングというほど準備しているかと言われたら、していないですね…。

―― 日本でのロッカーは常に外国人選手の隣でした。

僕がアメリカに行くのと、彼らが日本に来るのは立場が一緒。その中で僕も彼らに見習うべきことがあります。数々の外国人見てきた中で、こういう選手の方が親しまれやすいなとか、馴染みやすいとか。勉強でこの言葉が必要とか、聞き取るのが難しいが、気持ちの部分や心の部分で早く受け入れることとか、自分からいくこととか…。

―― チームメイトに何て呼んでもらいたいですか?

僕は「アキ」でも「ショウゴ」でも、どっちでもいいと思っています。入団会見の時は球団の方にも大概は「ショウゴ」と呼ばれたので、「ショウゴ」の方が呼びやすいのかなと。「秋山」というと切るところが難しいんですかね。「アキ」だったら「アキーノ」がいるんですよね。「ショウゴ」はいない。いや「秋山」もいないんですけれど(笑)。

侍JAPANではだいたいスタッフに「ショウゴ」ってよばれる。全然違和感はなくて。中学の時まではだいたい「ショウゴ」が多かった。「ショウゴ」と呼んでくださいとは言わないですけど、多分自然にそうなるんじゃないかと。

相手がこう呼んでほしいといったら、僕らも呼びやすいし。ヘルマンがいた時、皆は「ヘルマン」って呼びたがるんですよ、そこを「エスティー」と呼んでくれといったから、僕らは「エスティ―」って呼んだ。そこは行ってからじゃないかな。

―― 「ウナギ」はないですよね?(笑)

さすがに僕個人としては「ウナギ」を持ち込んでいく気はないんで・・・(笑)。わざわざ「ショウゴ」を差し置いて「ウナギ」と呼んでくる奴はよっぽど根回しが利いてるなと思います。調べているか・・・、よっぽど悪い影響が出ていますよね(笑)。

J SPORTS 番組情報

◆顔写真、背番号入りのチェックリストを作って挨拶する

―― レッズのチームメイトのチェックはしていますか?

行くときはレッズの顔写真入り背番号をプリントアウトしていこうかなと思っています。ライオンズの時もそうしたんですよ。挨拶した人はチェックしましたね(笑)。

キャッチャーのバンハート選手が「日本語学びたいです」と書いてくれたツイッターを見て、ありがたいなと思いました。僕も向こうにいくと外国人なんで。そうやって考えると、西武に来ていた外国人にもっと日本人としてケアしてあげられることってあったなと・・・。

―― シンシナティの生活に関してはいかがですか?

僕もアメリカ本土のいろんなところに行ったことがあるわけではないから、正直違いが分からないです。ファーストインプレッションは、きれいなところですし、スポーツが盛んなので、あらゆるところになにかしらスポーツのグッズなどを目にすることができました。ちょうどその頃にサッカーのFCシンシナティに入団する話があった久保裕也選手もいたので、久保選手から刺激をもらうこともあると思います。

一番歴史の長いチームなので、野球に関しては熱いいろんな思いを持っている方がいると思いますね。シーズンに入ればより感じると思う。早くいろんなもののしきたりだったり、流れをつかんでいきたいです。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ