人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年6月13日

桐蔭横浜大●1-7〇東洋大『東都のプライド』

野球好きコラム by 岩瀬 孝文
  • Line
村上投手(東洋大)

村上投手(東洋大)

春の東都リーグ戦において、果敢に投げ続けた快腕村上投手が先発の東洋大。対するのは前日の試合を9回サヨナラで勝ち上がってきた桐蔭横浜大だった。
「とても対戦したい相手でした」
真正面からチャレンジャー精神をこめて、そう述べた桐蔭横浜大の齊藤監督。今大会のシード校で初戦になる東洋大は、気を抜けない試合となった。

もはや鉄腕の村上投手は内外角のコーナーに直球を投げ込み、それがしっかりと決まる。さらに大きく割れるカーブや変化あるスライダーに鋭く落ちるフォークなど、変幻自在に投げ分けて打者にまったく的を絞らせない。

東洋大は得点差がついたところで7回から二番手の松澤投手へとつなぎ、そして河北投手の登板と、準々決勝を踏まえた投手交代をみせた。

序盤に4得点の東洋大

序盤に4得点の東洋大

極端なことを言えば試合の行方は3回表に3点を得た時点で、おおかたついてしまった。四球を絡めた満塁からワイルドピッチ、主砲DH山崎基が外角を流し打ち、きれいに右中間を超えた2塁打であげた3点だ。
バッターボックスで威力充分な構えで重くて速いスイングをみせる東洋大打線に対峙した投手は、あの戦国東都の厳しさをひしひしと感じてしまった。

DH山崎基(東洋大)

DH山崎基(東洋大)

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧