人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年7月29日

白旗を上げる寸前のエンゼルスを傍目に、今季のメジャーリーグが最高に面白い理由

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

残念ながら、もはやエンゼルスにはマイク・トラウトと大谷翔平のプレー以外は見るべきものがなくなった(そこにアルバート・プホルスの通算本塁打記録を加えてもいい)。

エンゼルス前半戦終了時(7月15日)で49勝48敗(勝率.505)と勝ち越してはいたものの、勝率5割を維持するのも難しくなってきた。ア・リーグ西地区で彼らの上にいる3位アスレチックスが55勝42敗(勝率.567)と上昇し続けているのとはあまりにも対照的である。

エンゼルスは昨季も前半終了時にア・リーグ2位ながら45勝47敗(勝率.489)と負け越しておるので、「昨季より3勝分、良かった」という言い方もできるが、その後も降下傾向は続いている。

首位アストロズは昨季前半終了時、破竹の勢いで勝ち進んで当時メジャー最高の60勝29敗(勝率.674)だった。今年も64勝35敗(.646)とほぼ同じペースで勝ち続けており、現時点では今季も優勝候補の最右翼ということになる。

エンゼルスにとっての誤算は、アストロズ以外のライバルたちの健闘だろう。

今季前半終了時で58勝39敗(勝率.598)で2位のマリナーズは、昨季は前半終了時に43勝47敗(.478)でエンゼルスに次ぐ3位だった。同じく前半終了時55勝42敗(勝率.567)で3位のアスレチックスは、昨季は前半終了時39勝50敗(.438)で最下位だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧