人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年7月23日

えっ、そうなん? という記録=「1試合5長打」と「野手3人の投手起用」

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

普段は考えもしないような記録が生まれる時というのは、こういうものなのだろう。

7月20日のシカゴはリグリーフィールド。セントルイスを地元に迎えたカブスの後半戦2試合目を取材していた(もちろん、主な目的はダルビッシュ有投手のリハビリ進行状況である)。

エース左腕のジョン・レスターが珍しく立ち上がりから崩れ、4回持たずに7安打8失点で降板した。五回終了時ですでに1対12である。お金を払って観に訪れている人々には申し訳ないが、仕事で野球場に来ているとこういう試合に対する興味は失せる。そろそろ退屈な感じさえ持っていた六回に、カージナルスのマット・カーペンターが3点本塁打を放って1対15となった。そこでカブスの球団広報がアナウンスする。

「カブスが同じ試合で一人の選手に5本の長打を打たれたのは、1908年以来の記録です」。

What(=なんだって)? という表情をしたのは私だけではなかった。カーペンターが一回に先頭打者本塁打、二回に2点本塁打、四回に二塁打を2本、そして六回の3点本塁打を打ったのは分かっている。だが、「5本の長打」と「1908年」がうまくリンクしない。米国の記者でさえ「なんだって?」と少し怪訝な表情になってメモを取る。広報が再び―しかし、今度は少しゆっくりと―同じことを告げる。記者席にちょっとした笑いが起きる。記録は間違いないのだが、「その情報、必要?」という雰囲気だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧