人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年3月30日

ISU世界フィギュアスケート選手権大会 男子シングルレビュー

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line

Text by ウェイ・ション

五輪シーズンが終わって、ISUでは今シーズンから大きなルール改正を行った。エレメンツの基礎点が変わり、GOEの幅が基礎点に合わせてより大きくなったこの新ルールは、フィギュアスケートのすべての種目に影響しているが、今大会の展開を見て一番影響を受けたのは男子シングルであった。

というのは、ショートが終わった時点で、4回転を入れていないジェイソン・ブラウンが完璧の3回転と高い表現力で2位に付け、4トゥーループを1本入れプログラムをうまくまとめたマッテオ・リッツォも5位に入り、2種類の4回転に挑みながら失敗した宇野昌磨やボーヤン・ジンを抑えたのを見ると、ジャンプが3つしかない男子シングルのショートは「量」より「質」だと言えよう。タラ・リピンスキーをオリンピックの金メダルに導いた名コーチ、リチャード・キャラハンが昔語った「ショートだけで優勝することはできないが、ショートだけで負けることはできる」との名言は、今大会の男子ショートを見て改めて心に響いた。

しかし、いざフリーになると、「質」と「量」は奇妙なバランスにあるように見える。それだけでなく、ジャンプを7つまで減らした新しいルールの下で、いくらGOEの幅が大きくなったと言え、フリーのプロトコルを実際に確認してみると、4回転の種類(4位以上は全員3種類)と着氷に成功した数がどれほど順位に強く関連してるのかが明白だ。男子シングルはソチ五輪から「4回転の時代だ」と言われてきたが、今までよりも4回転の種類と数が強調されるようになったと、今大会を見て強く思った。

ネイサン・チェン

そんな中で金メダルを勝ち取ったのは、2度目の優勝を飾ったネイサン・チェン。ショートで2本、フリーで4本、合計3種類6本の4回転をすべて成功し、スピンとステップでも全てレベル4を獲得したチェンは、本当に驚くほど強かった。一番印象的なのは、ショートの「Caravan」を演じた時、彼は全く緊張している気配がなく、単に楽しい音楽に合わせて自由自在に踊っただけのように感じた。あまりにもの緊張感からショートで自爆した2年前の世界選手権や1年前のオリンピックを思い出すと、やはり本人も「大学に通いながらスケートをやることで、人生はスケートだけじゃないとわかった。(中略)違う分野からいろんなことを吸収することで、自分のスケートを新たな視点から見ることができて、大会に出る時の気持ちも昔と違った」と語ったように、今シーズンから大学とスケートの両立、そして、コーチが常に周りにいないことが、彼の勝負強さを逆に高めたかもしれない。これからも両立してやっていきたいと言ったチェンだが、今後の活躍もとても楽しみだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧