人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年7月18日

【ハイライト動画あり】展開力とパワープレー!東福岡が國學院栃木を降してファイナル進出!全国高校7人制ラグビー大会2022カップトーナメント準決勝(大会最終3日目)

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

国学院栃木 vs. 東福岡

昨年準優勝の國學院栃木。

大会最多3度の優勝を誇る東福岡。

高校セブンズ(7人制)の頂点を決める、第9回全国高校7人制ラグビー大会――。

大会最終3日目の7月18日(月・祝)、カップトーナメント準決勝で、優勝を狙える強豪同士が激突した。

どちらも熱戦をくぐり抜けてきた。

國學院栃木は予選プールで天理を降す(28-12)などして1位通過し、カップ(各組1位)トーナメント初戦では、光泉カトリック(滋賀)を33-0で完封。

そしてカップ2回戦では、大会優勝経験もある流経大柏(千葉)と最終盤まで同点(12-12)の大熱戦。最後は福田正武の劇的な勝ち越しトライで、4強進出を決めた。

かたや東福岡は、高校代表候補で187センチの大川虎拓郎主将をはじめ、スピードに加えて高さもあるメンバー。

カップ初戦では、京都工学院に36-5で快勝したものの、窮地はカップ2回戦。

桐蔭学園(神奈川)に逆転勝利して勝ち上がってきた茗溪学園(茨城)に、終盤まで2点ビハインド(10-12)。

しかし大川主将のキックオフボール確保から、最後は永井大成の逆転トライに繋げ、接戦を勝ちきった。

全国高校7人制ラグビー大会2022 カップトーナメント準決勝

【ハイライト】国学院栃木 vs. 東福岡

そんなタフな強豪による激突は、前半1分にスコアが動いた。

キックオフボールの獲得率が高い東福岡は、競り合いを見越したポジショニングでボール確保。十八番のワイド展開から圧力をかけ、石原幹士が前半1分にノーホイッスルトライを決めた。

5点を先取された國學院栃木。

強力なフィジカルを活かした東福岡のアタックを止め続けていたが、前半5分、舛尾緑の直線的なキャリーを止められず、さらに失点。

ビハインドは12点になったが、國學院栃木は伊藤龍之介のジャッカルから攻勢を強め、永沢拓夢が前半8分に右中間へ。1トライを返し、東福岡の5点リード(12-7)で折り返した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

後半に入ると、フィジカリティで上回る東福岡の優勢が色濃くなり、後半2分に大川主将、同5分に舛尾緑が連続トライ。

國學院栃木も福田正武の突破から、大友佳介のロングパスを山田壮が後半7分に仕留めたが、ゴールキック直前に鐘が鳴っていた。

24-14で、ノーサイド。展開力とパワープレーを織り交ぜた東福岡が、見事に決勝へ進出した。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ