人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月17日

根塚洸雅、竹山晃暉。2人の若き両翼が初キャップ、宮崎への切符を勝ち獲れるか。ラグビー日本代表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

初キャップとなる根塚洸雅(左)、竹山晃暉

6月18日(土)、東京・秩父宮ラグビー場でテストマッチシリーズの第1戦・ウルグアイ代表戦を迎えるラグビー日本代表が出場予定メンバーを発表した。ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)が宣言していた通り、ウルグアイ代表との第1テストマッチは「セカンドチーム」であるNDS(ナショナル・ディベロップメント・スコッド)からメンバーを選出した。

先発では、PR(プロップ)淺岡俊亮(トヨタヴェルブリッツ)、FL(フランカー)飯野晃司(東京サントリーサンゴリアス)、WTB(ウィング)根塚洸雅(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)、WTB竹山晃暉(埼玉パナソニックワイルドナイツ)の4人。

ベンチにはPR海士広大(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)PR竹内柊平(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安)、LO(ロック)秋山大地(トヨタヴェルブリッツ)、FLシオネ・ラベマイ(東芝ブレイブルーパス東京)、WTBメイン平(リコーブラックラムズ東京)5人の計9人がノンキャップというフレッシュな布陣となった。

ラグビー日本代表テストマッチ2022

日本代表が合宿している宮崎から東京入りして試合を見守るジョセフHCは「別府(NDS)のメンバーには日本代表として、しっかり戦ってもらいたい。すべての選手にいいパフォーマンスをしてほしい。テストマッチの中でいいパフォーマンスができるか、選手層を厚くするためには重要だ」と話した。

今回の試合で初キャップとなるノンキャップのメンバーの中で、注目を集めているのはWTB根塚、WTB竹山の若き両翼だろう。

トンガサムライXV戦での竹山晃暉

WTB竹山はトップリーグ最後の新人賞受賞者であり、リーグワンとなった今季、トップに1トライ差の10トライを挙げ、埼玉パナソニックワイルドナイツの優勝に貢献した。そして、WTB根塚はリーグワンでベストラインブレイカー(22回)、ベスト15、新人賞と個人賞3冠に輝く活躍ぶりを見せた。

2人は11日のトンガサムライXV戦で先発し、WTB竹山はトライを挙げて決定力を見せるだけでなく、細かいステップでゴールラインに迫るなど持ち味を見せた。WTB根塚も得意のランニングやハイボールの競り合いで見せ場を作った。トンガサムライXV戦後、2人はこう話していた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ