人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月13日

【ハイライト動画あり】激闘80分。終盤10分で3トライ! 埼玉ワイルドナイツの底知れぬ強さ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

 

6連勝と快進撃を続ける埼玉ワイルドナイツを誰が止めるのか。今やリーグワン最大の関心事だが、フィジカルバトルに強いトヨタヴェルブリッツであれば、その可能性があるのではないか。そんな予想をした人も少なくなかったはずだ。3月12日(土)、現在リーグ3位のワイルドナイツに、4位のヴェルブリッツが襲い掛かった。

パロマ瑞穂ラグビー場は気温19度。強い日差しで体感気温はさらに高かった。午後12時、試合はヴェルブリッツのキックオフで始まった。開始3分、ヴェルブリッツのFB小澤大がディフェンスラインを突破して相手陣深く入り、FLピーターステフ・デュトイが素早くサポートするも、ここはパスがつながらず得点につながらず。その後、ワイルドナイツボールのスクラム、ラインアウトが続いたが、ヴェルブリッツはディフェンスラインを整えては前に出てプレッシャーをかけ、得点を許さなかった。

山沢拓也(埼玉ワイルドナイツ)

ワイルドナイツの先制トライは、前半12分、SO松田力也とFB山沢拓也のカウンターアタックから生まれた。自陣22mライン付近でパスを受けた山沢が松田にパス。松田は空いているスペースを探しながら前に出て、松田の右のスペースに走り込んだ山沢にパス。一気に相手陣に入った山沢はタックラーの直前でインゴールまで転がるキックを蹴り込む。ここに、WTBセミシ・トゥポウが快足を飛ばして走り込み、ボールを押さえた。

セミシは、ヴェルブリッツのWTBウィリアム・トゥポウの実弟だ。2人が子どものころから夢見た兄弟対決だった。2人でトライ数を競っていたのだが、先にトライをあげたのは弟だった。数分後、兄のウィリアムが意地を見せる。ワイルドナイツBKがパスを回し、CTBディラン・ライリーがキャッチした瞬間、激しいタックルでライリーを仰向けに倒したのだ。これで流れをつかんだヴェルブリッツは、18分、ディフェンスラインを突破したCTBロブ・トンプソンからパスを受けたNO8姫野和樹がトライをあげる。ゴールも決まって、7-7の同点。その後も両チームは緊張感ある接戦を繰り広げた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ