人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月7日

「府中ダービー」。東京サントリーサンゴリアスvs.東芝ブレイブルーパス東京が激突。リーグワン第1節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

両チームのメンバー

トップリーグに変わる新リーグの「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」が、いよいよ1月8日(土)に開幕する。東京・味の素スタジアムでは、ディビジョン1のカンファレンスBの試合が行われる。

昨季、最後のトップリーグ準優勝の東京サントリーサンゴリアスに、9位だった東芝ブレイブルーパス東京が挑む。初戦からともに東京・府中市に練習場を構える「府中ダービー」となり、互いに負けられない一戦となった。

J SPORTS 放送情報

昨季、東京サンゴリアスはレッドカンファレンスを無敗で駆け抜け、プレーオフトーナメントの決勝に進出したが、埼玉パナソニックワイルドナイツに敗れて6度目の優勝はならなかった。

新リーグになっても「アグレッシブアタッキングラグビー」という信条は変わらず、ジョージア代表前指揮官で、チームを率いて3年目となるニュージーランド出身のミルトン・ヘイグHC(ヘッドコーチ)は「自分たちのスタイルを貫き、初代チャンピオンになることを目指す」と言葉に力を込めた。

一方、トップリーグ最多の優勝タイの5回を誇る東芝ブレイブルーパス東京だが、ここ数シーズンはタイトル争いから外れており、昨季もリーグ戦で3勝4敗となりレッドカンファレンス5位。プレーオフトーナメントでも2回戦敗退で総合順位でも9位に終わった。

元ニュージーランド代表のLO(ロック)で、スーパーラグビーのクルセイダーズや、イングランド・バースで指揮をとったトッド・ブラックアダーHCが指揮官に就任し、3シーズン目を迎える。指揮官は「ボールが流れるように動く、エンターテイメント性に富んだラグビーを披露したい」と語気を強めた

東京サントリーサンゴリアス

それでは東京サンゴリアスのメンバーから見ていこう。FW(フォワード)の第1列はPR(プロップ)石原慎太郎、中野幹、日本代表HO(フッカー)堀越康介が務め、LO(ロック)には国際経験豊富なツイ ヘンドリック、ハリー・ホッキングスがコンビを組む。

バックローはルーキーながらチームの評価の高いFL(フランカー)下川甲嗣(早稲田大学出身)、ベテランFL小澤直輝に、そして、オーストラリア代表のNO8(ナンバーエイト)ショーン・マクマーンが入った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ