人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月24日

焦点はフィジカルバトル。充実の東海に魂の慶應が挑む。ラグビー大学選手権準々決勝

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

東海大学 vs. 慶應義塾大学

頂上までの残るステージは、あと3つ。学生ラグビー日本一の座を争う大学選手権は、今週末にトップ8の激突を迎える。関東、関西の各リーグを制した上位シード勢もここから加わり、いよいよクライマックスの足音が近づいてきたという印象だ。

12月26日14時キックオフの熊谷ラグビー場の第2試合では、東海大学慶應義塾大学が対戦する。構図としては関東リーグ戦で4連覇を果たした東海大学に関東対抗戦4位の慶應義塾大学がチャレンジする格好だが、挑む側は過去に何度も大一番で勝負強さを発揮してきた伝統校だ。見立て通りの簡単なゲームにはならないだろう。

この一戦でひとつのポイントになるのは、両校の試合間隔の違いだ。東海大学は11月28日のリーグ最終戦から4週間ぶりの公式戦で、大学選手権はこれが初戦。コンディション調整を含め準備の時間をたっぷりとれた半面、久しぶりの実戦が負ければ終わりのプレッシャーゲームとなる。しかも相手が一発勝負に強いチームとなれば、やりにくい部分はあるだろう。

逆に慶應義塾大学は12月4日に帝京大学と対抗戦の最終戦を戦ったあと、中2週で大学選手権4回戦に登場し、関西2位近畿大学との終盤までもつれる激闘を制した。今季の関西リーグで旋風を巻き起こした相手に競り勝った経験は、ここまで思うように持ち味を出せない試合が続いていたチームに自信をもたらすはずだ。一方でタイトな連戦による消耗は懸念材料。力を出し切った試合から中6日で迎える強敵との戦いで、スカウティングから落とし込みの時間も限られる中、いかに狙いを定めてくるかが注目される。

NO8福澤慎太郎(慶應大学)

4回戦では学生随一の左PR紙森陽太を擁する近畿大学に対しスクラムで奮闘し、少ない好機をものにして先行するなど、慶應義塾大学のゲーム運びのうまさが光った。FWはHO原田衛主将を筆頭にFL今野勇久、NO8福澤慎太郎ら球際に強い仕事人がそろっており、BKでは幅広い視野とスキルを備える司令塔のSO中楠一期、一発でどこからでもトライを狙える快足FB山田響と、非凡なタレントが要所を締める。堅い展開に持ち込んで先に得点を刻み、スコアと残り時間でプレッシャーをかけながら決死のディフェンスでリードを守り切る――というのが理想の流れだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ