人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月23日

父が日本代表、兄がリーグワンや大学で活躍している選手たち。ラグビー全国高校大会 注目選手

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

小山田裕悟(桐蔭学園)

12月27日(月)から1月8日(土)の日程で大阪・東大阪市花園ラグビー場を中心に行われる「花園」こと、第101回全国高校ラグビー大会。今回は父親がかつての日本代表であったり、兄が大学やリーグワンの舞台で活躍している選手を紹介していきたい。

まず、3連覇を狙うAシードの桐蔭学園(神奈川)には副キャプテンで、自らの仕掛け、パス捌きが武器のSH(スクラムハーフ)小山田裕悟(3年)。小山田の父である淳さんは男鹿工業、東芝府中(当時)で活躍した、アタックセンスのある日本代表2キャップのCTB(センター)だった。

父にラグビースクール連れて行かれて競技を始めたという小山田は「(父が日本代表という)プレッシャーはないが、自分もいつか日本代表のレベルまでいければいい。(父は)いい刺激になっています」と笑顔で話した。

J SPORTS 放送情報

また、ノーシードながら実力校の報徳学園(兵庫)には今季、セブンズユースアカデミーにも選ばれた、ステップに長けた攻撃的なSO(スタンドオフ)伊藤利江人(2年)がいる。

父・宏明氏と伊藤利江人(報徳学園)

伊藤の父である宏明氏は、明治大学やサントリー、イタリアなどで活躍し、現在、明治大学のBK(バックス)コーチを務める元日本代表SOだった。利江人(りえと)という名前はイタリア語の「lieto」(幸せ、楽しい、嬉しい)に由来している。練習試合の合間に同じポジションだった父からアドバイスを受ける姿も見られた。

中学校まで都内でプレーしていたSO伊藤だが、報徳学園で11年間コーチを務めている泉光太郎さんが、父と明治大学で同期のバックローだったこともあり、「選手たちが自分たちで考える、自由な形でラグビーができるので」報徳学園に進学した。

「花園の初戦は報徳と同じようにスピードのあるチーム(茗渓学園)。相手のハーフ団よりスピードを出してチームを前に出したい。(父は)同じSOで、日本のトップの選手だったので、アドバイスをくれるので尊敬しています。いつか父と同じステージに立ちたい」(伊藤)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ