人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月1日

明治大学、勝負の後半戦へ。因縁の明慶戦に臨む。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

筑波大戦が対抗戦初先発となった大石

ラグビー関東大学対抗戦、勝負の後半戦が幕を開ける。苦戦が予想されていた中、明治大学は第4戦の筑波大学戦を今季一のゲーム内容で制した。そしてここから迎え撃つは、慶應義塾大学帝京大学早稲田大学と毎年上位争いを繰り広げる強豪たち。

11月3日に迎える第5戦は慶大と対戦する。黒黄を基調としたタイガージャージーをまとう、日本のラグビールーツ校だ。今年度の第2戦筑波大との対戦で黒星を喫した慶大。コロナウイルスの影響を受け、前期に公式戦をあまり経験できなかったことで、チームの完成度は例年に比べると低く感じられる。

しかし、侮るわけにはいかない。昨年度の対抗戦では、明大が唯一黒星を喫した相手であり、苦杯を嘗めさせられた。「明治としては毎年苦戦している相手」(NO8/ナンバーエイト大石康太・営4=国学院久我山)。2018年度の対抗戦や19年度には夏の練習試合でも負けており、これまで明大が苦手意識を持ってきた対戦相手だ。

ラグビー 関東大学対抗戦2021

慶大の特徴としてまず挙げられるのがFW(フォワード)だ。特にモールを強みとしており、ゴール前のラインアウトには注意したい。対抗戦開幕直前に行われた慶大との練習試合でも明大は開始早々にモールから失点している。また、慶大は4戦目の立教大学戦でも前半3分、9分と立て続けにモールでトライを決めており、その強さを見せている。

サンウルブズの練習生も経験したHO(フッカー)原田衛主将を中心とした強力なFW陣。特に注目なのはバックローの4選手だ。左FL(フランカー)高武俊輔は尾道高時代にはNO8(ナンバーエイト)とFB(フルバック)で主に出場。激しいプレーはもちろんだが、キックも蹴ることができるプレーヤーとしてマルチな活躍を見せる。

右FL山本凱はこの4年間慶大を引っ張り続けた名フランカー。アタックセンスももちろんのこと、ディフェンスで会場を沸かせることができる。抜群のタックル力とジャッカルを武器にワンプレーで流れを引き戻す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ