人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月1日

【ハイライト動画あり】昨季日本一の天理大学が3連勝!立命館大もスクラム、モールで地力見せる。関西大学Aリーグ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

亀沖泰輝(9/19 天理大学 vs. 近畿大学)

2021ムロオ関西大学ラグビーAリーグは10月31日(日)、奈良・天理親里競技場で2試合を行い、第2試合ではリーグ3位の天理大学と5位の立命館大が激突した。

両軍の先発メンバーを見てみると、天理大学はフォワード8人中6人が上級生という布陣。

接点に強いPR高橋虎太郎、スローイングも巧みなキャプテンのHO佐藤康、先発フォワード唯一の1年生で、四国の雄となった松山聖陵高卒のPR松野楓舞。

両ロックは不動の主力であるアシペリ・モアラ、市立尼崎高出身のハードワーカー・亀沖泰輝。バックロー(FW第3列)は将来性豊かな2年生FL鄭兆毅、優勝メンバーでキャリーも魅力のFL服部航大、NO8山村勝悟となった。

スクラムハーフは2年生SH北條拓郎が今季初先発。プレーメーカーとしてすでに安定感があるルーキーSO筒口允之とハーフ団を組んだ。

さらには好タックラーである両センターの高部勇、間森涼太。両ウイングは好守に機能できる165センチのWTB内村祐介、爆発的な推進力がありハイボールも強いWTBアントニオ・トゥイアキ。そしてポジション最後尾は、華麗なランで魅了するFB江本洸志が出場した。

立命館大の先発15人では、まずは強力スクラムを牽引するフロントローに、身長も172~175センチと揃っているPR百地龍之介、HO横尾太一、PR金井慎太郎という4年生トリオ。

両ロックは東農大二高出身のLO阿部孔哉と、強豪の滋賀・瀬田北中から京都成章に進んだLO宮城雄真。バックローはタックルマンのFL小島良介、先発唯一の1年生で7番を背負うFL江木畠悠加、ハードヒットができる馬力抜群のNo.8宮下大輝。

先発バックスは、守備も献身的なSH北村瞬太郎、キックも巧みなSO江良楓のコンビとなり、リンクプレーも上手い東福岡出身のCTB森駿太、チーム随一の突破役であるCTB木田晴斗キャプテン。

そしてバックスリーは俊足トライゲッターのWTB間瀬陽紀に、守備でも決定的な仕事ができるWTB藤井健太郎。フルバックはキックゲームでも存在感を発揮するFB安井拓馬という布陣となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ