人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月26日

京都産業大学、唯一の開幕3連勝で単独首位に浮上。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

インゴールに飛び込むSH廣田瞬共同主将(天理・4年)

関西大学Aリーグ、新型コロナウイルスの影響で延期されていた、第1節の摂南大学と試合が、布引グリーンスタジアムで行われた。苦しみながらも地力を見せた京都産業大学が44-14で勝利。この試合で8大学が足並み揃えて3試合を消化。勝利した京産大は3連勝で単独首位に立った。

「前半はなかなか自分たちのミスで波に乗れなかった」と広瀬佳司監督が語るように前半は思うように行かなかった。得意のスクラムやラインアウトでプレッシャーをかけ、敵陣に果敢に攻め入り何度もゴールラインに迫るが、反則やボールロストで得点に結びつかない。そんな中、前半9分の先制点は摂南大、ラインアウトからFW(フォワード)に突破されてのトライだった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

苦しい展開の京産大だったが前半19分、敵陣でラインアウトモールを組む。モールは止められてしまうがフェイズを重ね、LO(ロック)アサエリ・ラウシ(日本航空石川・3年)がゴールポスト横にトライ。7-7の同点に追いついた。

さらに攻め込みたい京産大は23分、粘る摂南大ディフェンスに対してゴール前で何度も突進しゴールをこじ開けようとする。最後はPR(プロップ)平野叶翔(西陵・4年)共同主将がトライ、12-7と逆転に成功した。その後、33分にFWのモールからまたもトライに迫るが、ここでも反則を犯してしまい得点ならず。

そんな中でもスクラムは優勢に組み、ペナルイティを獲得して何度もゴール前に攻め込む。36分、ゴール前のラインアウトからモールを組み、今度はしっかり押し切りトライ。前半はミスに苦しみながらも19-7でリードして前半を折り返す。

後半、引き離したい京産大は6分にペナルティを獲得するとショットを選択した。まずは点差を確保しさらに攻める狙いか、京産大のゲームメイク力や冷静さを感じ取れるオプション選択だった。

その点差を生かし、ペナルティからモールなど京産大らしいアタックを続け、ディフェンスでも積極的に仕掛けプレッシャーをかける。また「後半はしっかり修正して、京産らしいゲームをできたかなと思います」と廣瀬監督が語るように前半目立っていた反則やハンドリングミスも確実に減っていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ