人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月11日

【ハイライト動画あり】京都産業大学、廣瀬佳司新監督の初陣は白星発進。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

ラグビー関西大学Aリーグを戦う京都産業大学は、元日本代表で京産大OBの廣瀬佳司新監督の下、平野叶翔(西陵・4)、檜垣大宇(東海大大阪仰星・4)、廣田瞬(天理・4)の3人が共同主将としてチームを引っ張る。

「練習から常に日本一を意識している」と廣田共同主将が語るように全国制覇に本気の京産大。今年の8月に部内で陽性者が発生し、1ヶ月の休止を余儀なくされるが「焦りはありましたが、メンタル的にラグビーをやりたいというモチベーションで再開できたので、意欲的に練習に取り組めてよかった」と平野共同主将が語るように前向きに捉えて準備をしてきた。

豊富な運動量でチームを支えた三木皓正

この休止期間の影響で摂南大学との開幕戦が延期になり、第2節を開幕戦として戦う。滋賀県・布引グリーンスタジアムで行われた立命館大学との試合は、残暑と日差しで10月とは思えない暑さの中キックオフとなった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

前半6分、敵陣に入り込むと、LO(ロック)アサエリ・ラウシ(日本航空石川・3)などのゲインで深くまで攻め入り、廣田の鋭いパスに走り込んだHO(フッカー)梅基天翔(高岡第一・4)がトライ。7-0と順調なスタートだった。

勢いのまま流れを掴みたい京産大だったが、17分に敵陣でのラインアウトをスチールされてしまう。その後、もう一度ラインアウトモールを試みるも立命大の対策もあり崩される。その後、FW(フォワード)で縦に激しく攻撃するが、トライ目前で痛恨のノックオン。チャンスでミスが重なり得点に繋げられなかった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

23分、立命大にターンオーバーから早いテンポで展開されトライ。7-7と追いつかれた。その直後、リスタートのキックオフをダイレクトタッチにしてしまい、嫌な流れが続いてしまう。その後、30分に立命大はゴール正面からDG(ドロップゴール)を決め、7対10と逆転された。

前半のうちに追いつきたい京産大は39分に敵陣深くで、3度のラインアウトを得るが、いずれもミスから得点に繋がらず前半終了。敵陣に攻め込むが、パスミスやノックオンといったミスが響き、思うように得点を伸ばせなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ