人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月13日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、新しい力が躍動。初戦で快勝を収める。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

早稲田大学が目指す『荒ぶる』へと続く戦い、ラグビー関東大学対抗戦が開幕した。12日(日)、観客のいない埼玉・熊谷ラグビー場で、早大は立教大学と対戦。

早大は試合開始直後から素早い展開で相手を圧倒し、トライを量産する。常に敵陣でプレーし相手を封じ込め、41−0で前半を終えた。後半は自らのミスで好機を失う場面もあったが、要所は抑え無失点。70−0で立大に快勝した。

選手たちの声だけが響き渡るグラウンドで試合開始のホイッスルが鳴ると、早大は早々と先制点を挙げる。前半開始わずか2分、右サイドでボールを受けたWTB(ウィング)槇瑛人(スポ3=東京・国学院久我山)が相手を引きつけ、その左を走っていたフリーのSH(スクラムハーフ)宮尾昌典(スポ1=京都成章)にパスし、そのままトライ。

J SPORTS オンデマンド番組情報

連続トライをあげる槇

勢いに乗った早大は、10分と13分に槇が自慢のスピードを生かして相手を振り切り、2連続トライで追加点を奪う。ディフェンスでは、密集への早い寄りで立大のやりたいプレーをさせず、相手がこぼしたボールをCTB(センター)岡崎颯馬(スポ2=長崎北陽台)が身体を張って押さえるなど、泥くささが見える場面もあった。

その後、NO8(ナンバーエイト)佐藤健次(スポ1=神奈川・桐蔭学園)が2連続トライを挙げるなど、合計4トライを追加し、41−0で試合を折り返した。

後半の主導権を握ったのも早大だった。後半開始直後の4分にBK(バックス)陣の連携からWTB松下怜央(スポ3=神奈川・関東学院六浦)がトライを獲得すると、19分には、この日対抗戦初出場を果たしたWTB平田颯太(スポ3=福岡・東筑)が、中央からテンポ良く右サイドに展開されたボールを受けトライ。

パスを受けインゴールへ向かう前田

前半と比べれば、相手にボールを持たれる時間が長く、ゴールライン目前で落球するなどミスも見られたが、立大にチャンスを作らせなかった。終盤には、途中出場したFL(フランカー)前田知暉(社3=大阪・東海大仰星)が2連続トライ。2度とも左の大外にいたフリーの前田がパスを受け、インゴールを駆け抜けた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ