人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月9日

田中史朗、「勝つ集団を作っていきたい」。NECグリーンロケッツ東葛入団会見。

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

入団会見を行った田中史朗

9月9日(木)、来年1月に開幕する「リーグワン」に所属するNECグリーンロケッツ東葛がオンラインで会見を開き、チームの現状と日本代表75キャップを誇るSH(スクラムハーフ)田中史朗の入団会見を行った。田中は日本のリーグではパナソニック、キヤノンに続き3チーム目となった。

登壇者はNECロケッツ代表・梶原健氏、そしてSH田中の2人だった。まず、梶原代表は新しいロゴマークに「我々のすべての思いが込められている」と語気を強めた。

ロケット型の新しいロゴマークは三層構造になっており、真ん中の一本は屋台骨となるNEC。その外側が選手、コーチたち含めたチームになる。一番外側はサポーター、スポンサーやファンのみなさん、地域のコミュニティを指している。「全ての応援があって、初めてロケットの形をして飛び立つことができる。そのような思いを込めて、今回ロゴマークの一新をしております」。

新しいロゴを見せる梶原健氏代表

また、梶原代表は「チームの強化はロケットのエンジン部分。エンジン部分がしっかり強固になっていないとロケットは飛び立てない、かつ魅力的なエンジンでなければ地域を巻き込めない」。

「強く愛されるチームを目指す、そういった思いをもとに日常を世界基準にということをキーワードにして、世界的に実績のあるマイケル・チェイカ氏を指導者として迎えた。選手も今10名発表しているが、基本的には15名といった全ポジションの補強を想定し、より強化して魅力的なチームを作っていきたい。本気でロケッツを日本一、世界一のチームにしていきたい」と意気込んだ。

田中史朗プロフィール

梶原代表はSH田中を獲得した背景を「1つ目は勝てるチームとして、SHは重要なポジション。これまでの経験や実績を踏まえた上でチームを勝利に導いてほしい」。

「2つ目がこの2年、チームが勝利できていない状況の中で、勝つためにはどういうマインドが必要か、そういった意味で現状のメンバーの中で強い思いを持って、リーダーシップを持って引っ張れる選手が不足していた。リーダーシップでまとめあげてほしい」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ