人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月18日

夏のセブンズ王者を目指して48校が激突。全国高校7人制ラグビー大会1・2日目の結果

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ベスト4を決めた東海大相模・中村のトライ

7月17日(土)から長野・菅平高原サニアパークで、第8回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会が開幕した。1日目は出場48校が3校ずつ、16のプールに分かれてプール戦を行い、2日目は各プール1位の16校が優勝を争う「カップトーナメント」、2位が「プレートトーナメント」、3位が「ボウルトーナメント」に進み、それぞれベスト4が出揃った。

まず、17日の1日目の予選プールの結果を見ていこう。Aプールは佐賀工業(佐賀)が京都成章(京都)に競り勝ち、1位で通過した。Bプールは前回大会準優勝の國學院栃木(栃木)、Cプールはパスラグビーに定評のある茗渓学園(茨城)、Dプールは前回大会覇者の桐蔭学園(神奈川)が1位で通過した。

Eプールは滋賀学園(滋賀)に競り勝った石見智翠館(島根)、Fプールは長崎北陽台(長崎)、Gプールは尾道(広島)が1位。Hプールは東海大相模(神奈川)、名古屋(愛知)、熊本(熊本)と初出場が3校揃う組になったが、東海大相模が1位となった。

創部3年目で初の全国大会に出場した倉敷

また、Iプールは御所実業(奈良)、Jプールは創部3年目にして初出場の倉敷(岡山)が青森山田(青森)に競り勝ち、Kプールは秋田工業(秋田)、Lプールは春の選抜王者の東福岡(福岡)が1位でカップトーナメントに進んだ。

Mプールは優勝経験のある東海大仰星(大阪)、Nプールは報徳学園(兵庫)が優勝経験のある流通経済大柏(千葉)を寄せ付けず、Oプールはパスラグビーが武器の高鍋(宮崎)、Pプールは初出場の東京王者の早稲田実業が1位となった。

18日(日)の2日目は優勝が決まる「カップトーナメント」を中心に見ていきたい。1回戦1試合目は國學院栃木が佐賀工業との接戦を24-19で制した。2試合目は展開ラグビーが武器の茗渓学園が、15人制ではSH(スクラムハーフ)を務める高橋佑太朗キャプテンの活躍もあり、前回大会王者の桐蔭学園に35-14で快勝した。

桐蔭学園を下した茗渓学園。トライを挙げる高橋主将

3試合目は、石見智翠館が長崎北陽台を28-0と零封。4試合目は接戦となったが、東海大相模が尾道に21-14で勝利した。5試合目は初出場の倉敷が先制したものの、全国常連の御所実業が35-21で逆転勝利した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ