人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月13日

デクラークにコルビ!豪華すぎる前哨戦「南アフリカA×B&Iライオンズ」プレビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

南アフリカA vs. B&Iライオンズ スターティングメンバー

南アフリカに遠征している欧州ドリームチーム「ブリティッシュ&アイリッシュ(B&I)ライオンズ」のウォーレン・ガットランドHC(ヘッドコーチ)は、遠征第4戦の相手に対する警戒心を隠さなかった。

「水曜日に行われる南アフリカ“A”との試合は、今回の遠征が始まって以来、最もタフな試合になるでしょう」

それもそのはず、7月14日(水)に南アフリカのケープタウンで対峙する相手は「南アフリカA」。

テストマッチではないため“A”と区別されるが、チームは南アフリカ代表の本隊。出場メンバー25人中18人が2019年W杯南アフリカ代表であり、7月24日(土)から始まるテストマッチ3連戦の前哨戦と言ってよいだろう。

惜しむらくは、南アフリカが新型コロナウイルス(変異株)の感染第3波に見舞われており、選手やスタッフに感染者が続出していること。

南アフリカ代表ではキャプテンのシヤ・コリシをはじめ、ボンギ・ンボナンビ、オックス・ンチェ、スカラ・ヌトゥベニ、ダニエル・デュプレア、マカゾレ・マピンピがPCR検査で陽性判定に。

さらにジャック・ニーナバーHCがスタッフ6名と共に7月2日(金)ジョージア戦後に陽性判定となり、今回は19年W杯を指揮した南アフリカ代表のラシー・エラスマスDOR(ディレクター・オブ・ラグビー)が指揮を執る。

南アフリカ代表スターディングメンバー

しかし主力数人を欠いたくらいで、南アフリカの重厚な選手層は揺るがない。南アフリカ“A”のメンバーは圧巻だ。

19年W杯以来1年8か月ぶりのテストマッチとなったジョージア戦からは、先発15人中10人を変更。

やはり注目は欧州チームから合流し、久々のテストマッチとなる2人。SHファフ・デクラーク(英セール・シャークス)と、WTBチェスリン・コルビ(仏トゥールーズ)だろう。

ともに19年W杯では獅子奮迅の活躍を見せた世界的スター。SHデクラークは不動の先発としてゲームメイクはもちろんキック戦術、身長170センチとは思えない驚異的な守備力でも貢献した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ