人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月11日

前半は欧州ドリームチーム「B&Iライオンズ」相手に同点!後半に規律を乱してシャークス無念

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
エリオット・デイリー

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ エリオット・デイリー

欧州ドリームチーム「ブリティッシュ&アイリッシュ(B&I)ライオンズ」の南アフリカ遠征第3戦が、7月10日(金)、ロフタス・ヴァースフェルド・スタジアム(プレトリア)で行われた。

当初の対戦相手はブルズだったが、ブルズの選手4名とマネジメントスタッフ1名が新型コロナウイルス陽性となり、急きょ第2戦で54-7と快勝していたシャークス(南アフリカ)との再戦が組まれた。

B&Iライオンズは7月7日の遠征第2戦から先発15人中13人を変更。ゲーム主将はHOジェイミー・ジョージ(イングランド)が務めた。

連戦する先発2人は、CTBエリオット・デイリー(イングランド)と、WTBドゥハン・ファンデルメルヴァ(スコットランド)。中3日の強行軍となった。

前半は相手のミスを得点に繋げるシャークスの集中力が光った。

シャークスのボール保持率は前半35%だったが計4トライを奪い、B&Iライオンズ相手に同点(26-26)で折り返したのだ。

先制トライはB&Iライオンズだった。

中3日の出場ながらこの日チーム最多13回のディフェンス突破を見せたWTBファンデルメルヴァが、キックカウンターから抜け出してCTBクリス・ハリス(スコットランド)のトライをお膳立て。7-0とした。

しかしここから勢いづいたのはシャークス。

前半10分、相手のパスミスを捕球し、攻守交代が起きた直後の得点機をFBアンソニー・ボルミンクが仕留めてみせる。

7-7だった前半15分、パワフルな連続攻撃から防御裏へのショートキックをWTBターキネル・エイブラハムズがグラウンディング成功。12-7と勝ち越しを決めた。

ここでB&Iライオンズのフォワード陣が盛り返す。

スクラムでのコラプシングから敵陣左に侵入し、堅固なラインアウトモールでHOジョージがチーム2トライ目(ゴール失敗)。12-12の同点に追いついた。

ところがシャークスはひるまない。

B&Iライオンズの連続攻撃のフィニッシュ間際、シャークスのSHジェイデン・ヘンドリクスがインターセプト。アタッキングマインドと鋭い出足の守備で、高いディフェンス力を誇るB&Iライオンズから連続トライを奪い、19-12と勝ち越してしまう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ