人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月4日

【ハイライト動画あり】王者南アフリカの「ボムスコッド」炸裂!ジョージアは肉弾戦でプライド示す:ラグビーテストマッチ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ティア1国の風格だった。

23人中18人が2019年W杯メンバーの南アフリカ代表に対し、最後までファイトしたジョージア代表のことだ。

世界ランキング1位の南アフリカが7月2日(金)、無観客のロフタス・ヴァースフェルド・スタジアム(プレトリア)で、同12位のジョージアを40-9で下し、1年8か月ぶりのテストマッチを勝利で飾った。

スコア上は6トライ40得点の快勝劇だ。

7月24日(土)に始まる「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」との3連戦へ向けた好発進に映るが、ジョージアは随所でW杯王者を苦しめていた。

序盤の南アフリカは快調だった。

ファーストスクラムによる反則でPG(ペナルティゴール)を許したが、前半5分、敵陣での最初のアタックでトライを取り切ってみせたのだ。

3つのクラッシュで相手を中央に寄せると、4フェーズ目で左大外に運び、この日代表デビューのWTBアペレレ・ファシが左隅にグラウンディング。最初のボールタッチで逆転トライ(5-3)を決めるという鮮烈デビューを飾った。

この試合で代表デビューのアペレレ・ファシ

しかしここから連続得点とはならなかった。

トップリーグではHondaに所属するLOフランコ・モスタートが試合後に語った。

「ジョージアは最初の30分間の集中力が高かった。ディフェンスがとても良かった」

古くから「レロ・ブルティ(レロ)」と呼ばれるコンタクトスポーツがあったジョージアは、スクラムやモールなど肉弾戦にプライドを持つ。

2020年は8か国対抗戦「オータムネーションズカップ」に参加し、イングランド、アイルランド、ウェールズといったティア1に格付けされる欧州強豪と対戦。経験を積んで自信も深めたのだろう。

南アフリカが相手でも臆することはなかった。反則を重ねて自陣に下がりはするが、CTBメラブ・シャカリゼ主将がチョークタックルからボールを奪うなど、接点でのフィジカル勝負で南アフリカを苦しめる。

すると南アフリカは自陣でペナルティを重ね、ジョージアはさらに2本のPGを追加。9-5とリードを広げる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ