人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月25日

ラグビー日本代表、W杯戦士14人が先発。ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズに挑むメンバーを発表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

メンバーを発表するジェイミー・ジョセフHC

ラグビー日本代表は6月26日(土)のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦のメンバー23名を発表した。

先発はキャプテンFL(フランカー)リーチ マイケル(東芝)や、ケガから復帰したPR(プロップ)具智元(Honda)など、14人が2019年ワールドカップメンバーで、フランスから合流した松島幸太朗(クレルモン)もWTB(ウィング)で先発する。

ワールドカップのスコッド以外では、サンウルブズ戦でいいランを見せたWTBシオサイア・フィフィタ(近鉄)のみが先発となった。なお、2013年に日本代表が、今回の会場であるマレーフィールドでスコットランド代表と対戦しているが、その時も今回も出場するのは、SO(スタンドオフ)田村優(キヤノン)だけである。

控えにはPRクレイグ・ミラー、LO(ロック)/FLジャック・コーネルセン(ともにパナソニック)、SH(スクラムハーフ)齋藤直人(サントリー)の3人のノンキャップ選手や、HO(フッカー)堀越康介、NO8(ナンバーエイト)テビタ・タタフ(サントリー)といった若い選手も入った。ニュージーランドから合流したばかりのFL/NO8姫野和樹(ハイランダーズ)もベンチ入りした。

ライオンズ戦のメンバー発表を受けてジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)がオンラインで会見に応じた。

まず、ライオンズと戦う意味、意義については「私自身はコーチとして戦えるのは非常に楽しみです。ライオンズが試合をすることは限られているので、選手としてライオンズと対戦できるのは一生に一度あるかないかのこと。だから、このチームがライオンズと戦えるチャンスを得たことが非常に嬉しい」。

「ワールドカップから2年ぶりの、初めてのテストマッチの相手がライオンズであったことは、日本代表の新しいスタートとして、非常に難しいチャレンジではありますが、これからチームを作っていくために、自信をつけていくために世界のベストチームとプレーできることは素晴らしい」と語気を強めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ