人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月23日

「静岡ブルーレヴズ」が始動!ヤマハ発動機がラグビーの新会社を設立

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

静岡ブルーレヴズ

6月23日(水)、ヤマハ発動機株式会社が、2022年1月に開幕予定のラグビー新リーグへの参入と、地域に根ざした事業化、静岡県全域でのさらなるクラブの価値向上を目指すため、日本初となるラグビーに特化したプロクラブを設立するにあたり、静岡県庁で会見を開いた。

登壇者は新しい事業会社の社長に就任する山谷拓志氏(6月30日までBリーグの茨城ロボッツ社長)、静岡県ラグビーフットボール協会代表理事の星野明宏氏、静岡県スポーツ・文化観光部スポーツ局スポーツ政策課課長の大石哲也氏、そしてヤマハ発動機ジュビロのGM兼監督の堀川隆延氏の4人。

静岡ブルーレヴズのエンブレム

まず、山谷社長から「静岡ブルーレヴズ」(Blue Revs)という新しいチーム名と、新しいロゴが発表された。

新会社はヤマハ発動機の100%子会社となるという。ホストエリアは静岡県全域で、ジュビロという名前はラグビークラブとして「リブランディングしたい」ということで使わなかったとのことで、ホストスタジアムはエコパ・スタジアムやヤマハスタジアムを使用する(チームの名称やホストスタジアムの認定は新リーグの承認を経て最終決定となる)。

ブルーはもともとヤマハ発動機の色で、レヴズはヤマハ発動機のブランドスローガン「Revs your heart」(心をアゲる)から取り、ブルーとレヴズ(ワクワク感や人を動かす)の2つの言葉をつなげたという。

ロゴには静岡のクラブであり、力強さとレヴズをイメージしつつ、富士山や草薙の剣がデザインされた。また、新エンブレムは富士山や海、ヤマハ発動機の初代ジャージのデザインがモチーフとなった。

4月に静岡県ラグビー協会の代表理事となった星野氏は、「協会として静岡や様々な人を結びつける強烈なハブ役となりたい。このチームが静岡の誇りになるように、ワクワクとか静岡ブルーレヴズの試合を見たら翌日頑張ろうとか、サポートというより当事者として参加していきたい」と力強く話した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ