人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月23日

ラグビー日本代表と戦うブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズがメンバーを発表。キャップ総数は「1309」

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ 日本代表戦の出場メンバー

6月22日(火)、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのウォーレン・ガットランドHC(ヘッドコーチ)が、26日(土)にスコットランド・マレーフィールドで行われる日本代表戦の出場メンバー23名を早々に発表した。

同じ日に行われるプレミアシップ決勝に出場するエクセター・チーフスの選手4人はまだライオンズに合流しておらず、また、先週末に試合があったイングランドの選手の多くも遅れて合流した。そのため、先発の15人に2023年ワールドカップで日本代表と同組となったイングランド代表の選手は入らなかったが、控えに4名の選手が入っている。

また、試合が行われるスコットランド代表の選手がPR(プロップ)ザンダー・ファーガソンら4名、LO(ロック)イアン・ヘンダーソンら、アイルランド代表が6名、FB(フルバック)リーアム・ウィリアムズら、ウェールズ代表が5名というスターティングラインアップとなった。

キャプテンは世界最多キャップ「157」を誇るLO(ロック)アラン ウィン・ジョーンズ(ウェールズ)が務め、ハーフ団は、過去に日本代表とも対戦経験のあるSH(スクラムハーフ)コーナー・マレー(アイルランド)とSO(スタンドオフ)ダン・ビガー(ウェールズ)のコンビになるなど、さすがライオンズ、国際経験豊富な選手が多く、23人のテストマッチのキャップ総数は「1309」となった。

今回、初めてライオンズのジャージーに袖を通すことになる選手は、今年のシックスネーションMVPのFL(フランカー)ハミッシュ・ワトソン(スコットランド)、突破力のあるニュージーランド出身のCTB(センター)バンディー・アキ(アイルランド)、シックスネーションズで5トライを挙げてトライ王となったWTB(ウィング)ドゥーハン・ファンデルメルヴァ(スコットランド)、2019年ワールドカップで7トライを挙げてトライ王に輝いたWTBジョシュ・アダムズ(ウェールズ)ら8人となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ