人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月10日

福岡の抜けたウィングのポジションを狙う初代表の4人。ラグビー日本代表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

5月末、新たに発表されたラグビー日本代表において、今季で引退した福岡堅樹(パナソニック)が務めていたWTB(ウィング)のポジションとして発表されたのは6人だった。

そのうち、フランスでプレーするWTB松島幸太朗(クレルモン)は欧州から合流予定で、キャップホルダーは2019年ワールドカップでも活躍したWTBレメキ ロマノ ラヴァ(宗像サニックス)のみだった。

初の日本代表合宿に参加し、そして初キャップを目指す4人のランナーの今の気持ちに迫りたい。

191cm大型WTBのファンデンヒーファー

1人目はサンウルブズでプレーし、クボタスピアーズの4強入りに大きく貢献した南アフリカ出身の「シャドー」こと、ゲラード・ファンデンヒーファーゲラード・ファンデンヒーファー(32歳)だ。身長191cmでハイボールに強く、突破力もあり、FB(フルバック)やCTB(センター)もこなし、ロングキッカーとしても知られる。

ファンデンヒーファーは「すごく興奮しています。光栄なことだと思うので、これからチャンスを活かしていきたい。(ジェイミー・)ジョセフHC、(トニー・)ブラウンも素晴らしいコーチで、エナジーを与えてくれて、クリエイティブなゲームを考えてくれる。一緒にできて嬉しい」と声を弾ませた。

特にBK(バックス)担当のブラウンコーチからは、プレースキックなど細かい点まで指導され、充実した日々を過ごしている。「キックを蹴るとき強く蹴りすぎて左に逸れることが多いので、そこを修正するために、真っ正面を向いて蹴る練習をしています。また、タックル、ラインブレイク、トライを挙げるなどの遂行力の点について言われています」とファンデンヒーファー。

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ、アイルランド代表戦に向けて、アイルランドでのプレー経験もある大型WTBは「ライオンズ戦に選ばれたことに誇りに思っている。素晴らしい機会なので、その機会をもらえたことは楽しみでワクワクしています」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ