人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月24日

2023年ワールドカップに向けて再始動。ラグビー日本代表メンバー発表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

代表メンバーを発表するジョセフHC

いよいよ、2023年ワールドカップに向けて、日本代表が再始動する。

トップリーグ決勝の翌日、5月24日(月)に、6月~7月にかけてサンウルブズとブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ、およびアイルランド代表と対戦する日本代表メンバー36名が発表され、ジェミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)が会見を開いた。

4月に日本代表候補の54名が発表されており、その中からジョセフHCらが36名を選んだ。全体36名(FW:21名、BK:15名)のうち、18名が2019年ワールドカップメンバーで、ノンキャップが13名となった。なお、キャプテンは引き続きFL(フランカー)リーチ マイケルが務めることになった。

会見の冒頭でジョセフHCは、「まずは2019年ワールドカップ以来の日本代表の始動ができることに感謝します。私たちコーチ陣もこのように長い休養の後、再び集まることにとてもワクワクしています。合宿も楽しみで仕方がありません」。

「みんな、ライオンズそしてアイルランド代表とのテストマッチを本当に心待ちにしています」と、1年8ヶ月ぶりとなる日本代表の活動がスタートする喜びを語った。

また、新しい日本代表を発表して、指揮官は「非常に短い準備期間の中で遠征に出る代表選手を選ぶというのは最大のチャレンジではないかと思います。実質10日間という短い別府の合宿を経て、そこから3・4日後にサンウルブズという選抜チームとウォームアップマッチを行って、その後イギリスに渡ります」。

「そういう意味で、このセレクションは非常に難しいものだと感じています。なので、トップリーグですでに仕上がっている、トップフォームの選手、状態のより良い選手、さらにはこのような事情からフィットネスレベルの高い選手を選んだ」とも話した。

55名から36名に絞った選手の選考の基準については、「1つ目の基準はテストマッチ経験が十分な選手で、今もいいプレーができている選手、少なくともそれができると見受けられる選手です。そして、2つ目の基準は今季のトップリーグで優れた活躍をしている選手です」と説明した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ