人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月14日

1か月半後の再戦の行方やいかに。ファイナル進出をかけ、今季全勝のサントリーと初の4強入りを果たしたクボタが激突!

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

サントリー vs. クボタ

全16チーム中唯一全勝で勝ち進んできたサントリーサンゴリアスがそのまま突っ走るのか。それとも準々決勝で2018シーズン王者の神戸製鋼コベルコスティーラーズを破り勢いに乗るクボタスピアーズが、初のファイナルへ駆け上がるのか。ともに戦力と気力は充実、タイトなゲームを戦ってきたことでチーム状態もピークに達しつつある。太陽の巨人と、研ぎすまされた槍。いずれが勝つにしても壮絶な激闘になるだろう。

両者は今季、4月3日のリーグ戦第6節で戦っており、その時はサントリーが33-26で勝利している。内容を振り返ると、前半は接点とスピードで上回るサントリーがFB尾崎晟也の2トライなどで23-7と先行したが、後半に入るとクボタが個の突破力を生かして14分から29分までに3連続トライを奪い猛追。26-26で迎えた38分、連続攻撃からFBボーデン・バレットがわずかなギャップを切り裂いて決勝トライを挙げ、サントリーが勝ち切るというゲームだった。

それから1か月半後の再戦で一番の焦点となるのは、セットプレーだ。今季のクボタの大きな強みとなっているのが、世界最強の2番とも評されるHOマルコム・マークス、205センチのLOルアン・ボタ、199センチのLOデーヴィッド・ブルブリングを軸にしたスクラムとラインアウトで、いずれも獲得率92パーセント超とリーグトップクラスの安定感を誇る。一方サントリーも森川由起乙、垣永真之介の両PRにHO中村駿太、堀越康介とフロントローに4人の日本代表候補を擁し、スクラム90パーセント、ラインアウト91パーセントとキープ率は高い。4月3日の対戦では序盤は拮抗した状態だったが、後半に入りクボタが押し込む場面がいくつか見られた。攻守の起点となるプレーで、そこでの優劣は試合展開を大きく左右するだけに、熾烈なせめぎ合いになるだろう。

もうひとつの見どころは、トップリーグ随一の破壊力を誇るサントリーのアタックと、クボタの強固な組織ディフェンスの激突だ。同じレッドカンファレンスでのリーグ戦7試合のスタッツを振り返ると、サントリーの総得点は420(1試合平均60)で、2位トヨタ自動車ヴェルブリッツの288を130点以上も引き離すダントツの数字。一方クボタは失点でサントリーの129に次ぐ130(全体では72のパナソニック、サントリーに続く3位)という成績を残している。世界最優秀選手に2度輝いたニュージーランドの至宝、SOボーデン・バレットのリードするサントリーの多彩な波状攻撃と、ここにきてさらに粘り強さを増してきたクボタ防御のどちらが上回るかが注目される。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ