人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月10日

【ハイライト動画あり】クボタが歴史創った!50分間を14人でしのぎチーム初の4強到達

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

クボタスピアーズ

クボタの立川理道キャプテンが、ボールを外に蹴り出す。戸田京介レフリーがノーサイドの笛を吹く。満身創痍だったが、全員で拳を突き上げ、抱き合い、歓喜を分かち合った。

トップリーグ2021のプレーオフ準々決勝、5月9日(日)に静岡・エコパスタジアムで行われた「クボタスピアーズ×神戸製鋼コベルコスティーラーズ」。

過去最高順位が6位のクボタだが、今季はリーグ戦で開幕5連勝を記録するなど快進撃。ノックアウト制のトーナメントで、2連覇をめざす18年度王者の神戸製鋼に立ち向かった。

この日は両軍の日本代表候補が全員出場。

クボタからはPR北川賢吾、FLピーター・ラピース・ラブスカフニ、WTBゲラード・ファンデンヒーファーの3選手。

神戸製鋼からはPR中島イシレリ、NO8ナエアタルイ、CTBラファエレティモシー、FB山中亮平の4選手が先発、アタアタ・モエアキオラも途中出場を果たした。

機先を制したのは、序盤で2連続トライを挙げたクボタだ。

前半3分に38歳のNO8バツベイシオネ、同9分に花園大卒のタウモハパイホネティがトライ。どちらもスローテンポの状態からSOバーナード・フォーリーがファーストレシーバーとなり、突破を演出した。

神戸製鋼はディフェンスを揃えて攻撃に備えていたが、「ノミネートの部分でトラブルがあった」(神戸製鋼・SH日和佐篤共同主将)。先制パンチを食らってしまった。

神戸製鋼も前半20分頃にはクボタの連続攻撃を食い止め、さすがの守備力で切り抜ける。しかし同22分には獅子奮迅だったバツベイシオネがジャッカル成功。クボタはPG成功でリードを17点に拡大した。

しかし前半29分にそれは起きた。

神戸製鋼NO8ナエアタに対して、クボタのSOフォーリーが危険なタックル。右肩がダイレクトに相手頭部に強くヒットし、レッドカード。クボタは残りの約50分間を14人で戦うことになった。

するとここから神戸製鋼が猛攻――とはならなかった。クボタのCTB立川キャプテンが語った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ