人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月7日

早稲田大学、『Be Hungry』を掲げる今季、東海大学との初戦に挑む。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

全国大学選手権決勝で天理大学に敗北を喫してから4カ月、早稲田大学の第104代主将にはCTB(センター)長田智希(スポ4=大阪・東海大仰星)、副将にはPR(プロップ)小林賢太(スポ4=東福岡)が就任。

さらに、2018年からチームを率いた相良南海夫監督(平4政経卒)が退任し、大田尾竜彦監督(平16人卒)が新監督に就任した。発足した新体制で掲げたチームスローガンは『Be Hungry』。長田組はハングリー精神を持って新しいシーズンのスタートダッシュを切る。

昨季、多くのトライで早大を勝利に導いた槇

BK(バックス)は安定感が自慢の長田主将を中心に、昨年度の主力選手が多く残る。大事な場面でトライを奪取し、チームを救ってきたFB(フルバック)槇瑛人(スポ3=東京・国学院久我山)や、今年がラストイヤーとなるSH(スクラムハーフ)河村謙尚(社4=大阪・常翔学園)の活躍にも注目したい。

また、大田尾監督から「お前が変われば、今年の早稲田が変わったと言われる」と評されたSO(スタンドオフ)吉村紘(スポ3=東福岡)のゲームメイクにも期待したいところだ。

今年の早大BK陣が目指すのは「相手を走らせないディフェンス」。早稲田伝統のスピードのあるアタックに鉄壁のディフェンスが加われば、一層早大の戦力に磨きがかかる。

一方、FW(フォワード)も、BKと同様に大学選手権に出場経験のある選手が今年も健在。

昨季はルーキーながらスタメンに定着、果敢なボールキャリーを見せた村田

1年時から主力として活躍する小林副将をはじめとして、今年は委員に選出され、ジュニア・ジャパンで主将も務めたFL(フランカー)相良昌彦(社3=東京・早実)はもちろん、昨年度は1年生にも関わらず安定したプレーを見せたLO(ロック)村田陣悟(スポ2=京都成章)らが、それらの経験をどのように今シーズンに生かしていくのか期待したいところ。

さらに、FWには注目の新入生NO8(ナンバーエイト)佐藤健次(スポ1=神奈川・桐蔭学園)が加入。今後のメンバー争いにどのように加わってくるのか注目が集まる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ