人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月7日

明治大学、新チーム始動。日本大学に競り勝ち、今週は流通経済大学と対戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

飯沼組の戦いが幕を開けた。2年ぶりの開催となった春季大会。5月2日(日)に明治大学の初戦が行われた。相手は昨年の全国選手権でも戦った日本大学。競り合う展開となったが、後半にかけて明大が逆転に成功。飯沼組の初陣を白星で飾った。

1トライの活躍をみせた松本純

両者一歩も譲らない試合だった。互いに1トライずつをあげ、5-5の同点で迎えた前半36分。明大は敵陣22m付近でのスクラムから素早いパス回しで展開し、右WTB(ウイング)松本純弥(政経4=佐賀工)がグラウンディング。「チーム全体で取ったトライだった」(松本純)。逆転に成功する。

しかし、前半終了間際に日大にトライを奪われ、同点で折り返す。さらに後半開始早々にもトライを決められ、再びリードを許した明大。

途中出場でチームを勢い付けた村上

だが、苦しい展開を控えメンバーが打開した。27分には交代直後の村上慎(商4=法政二)が相手ペナルティからの素早いリスタート、自ら持ち出しトライをあげる。「控えから勢いを付けられるよう準備していた」(村上)。齊藤誉哉(文3=桐生一)がコンバージョンキックを決め、19-19の同点に追いつく。

さらには今シーズンからCTB(センター)に取り組んでいる齊藤がビッグゲイン。最後はサポートに入った金昂平(政経1=大阪朝鮮)が大学公式戦初トライを決める。「良いサポートができた」(金昂)。明大の層の厚さを見せつけ逆転に成功。終了間際に日大の猛攻を受けるもリードを守り切り、春シーズン初戦を白星で飾った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

J SPORTS オンデマンド番組情報

春に入部した1年生の活躍が光った試合だった。1年生で唯一スタメン出場を果たした右FL(フランカー)福田大晟(商1=中部大春日丘)。持ち味のタックルで活躍を見せ、チーム内のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出された。

「自分の強みであるタックルを生かしていきたい」(福田大)。昨年度の主力が多く抜け、激戦が予想されるバックローのスタメン争いに殴り込みをかけた。

また、木戸大士郎(文1=常翔学園)もリザーブから登場し、計3人の1年生が紫紺デビュー。「プレーになったら学年は関係ないので、積極的にチャレンジしてほしい」(SH/スクラムハーフ飯沼蓮主将・営4=日川)。期待の1年生が明大に新たな風を巻き起こしそうだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ