人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月7日

ド迫力の衝突。躍進のクボタが、神戸製鋼にチャレンジ。トップリーグプレーオフ準々決勝

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

クボタ vs. 神戸製鋼

クボタは勝利の瞬間、チーム史上初の4強入りが決まる。

立ちはだかる壁は、2018年度のチャンピオンである神戸製鋼だ。

トップリーグ2021はプレーオフ準々決勝を迎えた。

5月9日(日)は、静岡・エコパスタジアムで、クボタスピアーズ(レッドカンファレンス3位)と、神戸製鋼コベルコスティーラーズ(ホワイトカンファレンス2位)が、4強進出を懸けてしのぎを削る。

今季、クボタは躍進した。

開幕5連勝はチーム初の快挙。その後サントリー、トヨタ自動車に惜敗したが、プレーオフ初戦では4強の常連だったヤマハ発動機に46-12で快勝。まさに破竹の勢いだ。

16年度より指揮官を務めるフラン・ルディケHC(ヘッドコーチ)はマネジメントに長け、選手一人ひとりと丁寧に向き合うという。ルディケHCの種蒔きが花開いている。

一方の神戸製鋼はリーグ戦で無敗(6勝1分け)だった。

開幕戦ではNECに38失点を許したが持ち直し、第6節パナソニック戦の引き分け(13-13)で唯一勝利を逃した。プレーオフ初戦では50-17で三菱重工相模原を下し、危なげなく8強入りを決めた。

ただリーグ戦では薄氷の勝利もあった。

1点差(20-19)だった第4節リコー戦。そして後半ロスタイムまで負けていたが、松岡賢太のトライで2点差(31-29)の逆転勝利を収めた第7節NTTドコモ戦だ。

以前の神戸製鋼は格下相手に突然負けるなど一貫性が課題だったように見えたが、18年度は元NZ代表アシスタントコーチのウェイン・スミス総監督がチームをまとめ、トップリーグ元年以来の栄冠を手にした。

ここで負ければ当然、連覇の道は断たれる。一貫性の継承という意味においても負けられない一戦だろう。

大一番の出場メンバーが発表されており、21年度の日本代表候補選手は、両軍の全員がメンバー入りした。

クボタで選出された3選手(PR北川賢吾、FLピーター・ラピース・ラブスカフニ、WTBゲラード・ファンデンヒーファー)。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ