人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月26日

【ハイライト動画あり】キヤノンが8強進出!司令塔・田村「チームとして成長した」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

キヤノンの新旧メンバーが躍動し、2016年度以来の8強入りを掴んだ。

ノックアウト方式の「トップリーグ2021」プレーオフ・トーナメント2回戦は4月25日(日)、晴天の東京・江戸川区陸上競技場で、NTTコミュニケーションズとキヤノンの一戦を行った。

キヤノンは背番号8、9、10に21年度の日本代表候補が並んだ。

チーム5年目に入ったSO田村優キャプテン、テンポを生み出せる同6年目のSH荒井康植、そして今季NTTコミュニケーションズから移籍したNO8アマナキ・レレイ・マフィだ。

4/25 NTTコミュニケーションズ vs. キヤノン

負けたらシーズン終了の大一番で、まず存在感を示したのはトンガ出身の31歳、代表27キャップを誇るNO8マフィだった。

序盤に自陣スクラムでフリーキックを得ると、タップキックでNO8マフィが突進。これを足掛かりとして、宗像サニックスから移籍3年目に入ったCTB南橋直哉が突破。最後は3年目のLOコーバス・ファンダイクが独走して先制トライを決めた。

この日NO8マフィはジャッカルを再三決めるなど攻守に活躍。新任の沢木敬介監督は「アタックでもディフェンスでもナキ(マフィの愛称)の強みが出ている」と評価。

SO田村も「チームにフィットしようと努力している。チームのワンピースとして動いてくれているので助かっている」とチームマンとしての姿勢に感謝していた。

グレイグ・レイドロー

一方のNTTコミュニケーションズは強力スクラムで対抗。前半9分にはヒットから激しかったNTTコミュニケーションズが相手ペナルティを誘発し、SHグレイグ・レイドローが3点を返した。

NTTコミュニケーションズはこの日、チームで21年度日本代表候補に選ばれた2名(SO前田土芽、CTBシェーン・ゲイツ)が揃ってスタメン。

今季スタンドオフに初挑戦しているSO前田は元センターであり、前半17分には接点での強さを発揮してジャッカル成功。ここでふたたびSHレイドローがショットを成功させ、1点差(6-7)に詰め寄った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ