人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月22日

8強進出をめざす名門同士!東芝、リコーがプレーオフ2回戦で激突

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

東芝vsリコー スターティングメンバー

トップリーグ(TL)優勝5回、準優勝3回を誇る1948年創部の東芝

TL前身の全国社会人大会で優勝3回、準優勝2回という歴史を持つ1953年創部のリコー

日本の社会人ラグビーを彩ってきた名門同士が激突し、そして、どちらかがプレーオフ2回戦で姿を消さなければならない。

ノックアウト方式の「トップリーグ2021」プレーオフトーナメント2回戦。

4月24日(土)は、レッドカンファレンス5位だった東芝と、ホワイトカンファレンス4位のリコーが、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で相まみえる。

今季リーグ戦では似た軌跡を描いてきた。開幕5試合は1勝4敗だったものの、その後は2連勝。それぞれ自信を深めてプレーオフの初戦に臨む。

ただ敗戦の内容は異なる。リコーは4敗中3敗が接戦であり、その全てで7点差以内に敗戦に与えられるボーナスポイント「1」を獲得している。

粘り強いリコーらしい結果とも言えるが、21年度の日本代表候補に選ばれた共同主将のFL松橋周平は、リーグ戦の総括で、勝ちきれないという厳しい見方をしていた。

「開幕戦後の4試合がすべて接戦で、4試合中1勝しかできていませんでした。最後にトライを取られて3試合負けている、という現実はあります」

しかしチームスローガンを愚直に徹底することで、その後の2連勝に繋げた実感があるという。

「チームは腐らず常に前を向いて、『BIGGA』をし続けた結果が最後の2試合に現れたのではないかと思います」(リコー・FL松橋)

リコーのスローガン「BIGGA」は「BACK IN GAME,GO AGAIN」の略だ。

自分の仕事が終わったら、すぐ次の仕事に行く。こうした意識は13年度よりリコーの首脳陣を務めてリコーをトップ8に押し上げた神鳥裕之監督の信条のひとつだ。

その神鳥監督は、41-19で快勝した第7節日野戦後、「トップリーグの歴史の中で、我々としてはしっかり勝って終わりたいという思いがある」と語っていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ