人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月18日

トップリーグ勢が3勝1敗、トップチャレンジからは近鉄ライナーズが2回戦へ。プレーオフトーナメント1回戦

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

いよいよ、20チームによる一発勝負のプレーオフトーナメントが始まった。4月17日(土)18日(日)、トップリーグの各カファレンスの7~8位と、トップチャレンジ上位4チームによる1回戦4試合が行われた。

近鉄が2回戦進出

どの試合もクロスゲームとなったが3試合はトップリーグチームが意地を見せて勝利し、トップチャレンジからは近鉄ライナーズのみが2回戦に進出した。

18日(日)、東京・秩父宮ラグビー場では宗像サニックスブルース(レッドカンファレンス8位)と近鉄ライナーズ(トップチャレンジ2位)が対戦した。

試合序盤は拮抗した状態だったが、11分、宗像サニックスFW(フォワード)陣が縦にボールをつないでHO(フッカー)王鏡聞がトライ。7-0と先制する。近鉄もすぐに反撃、18分、ボールを動かしてFL(フランカー)テビタ ツポウがトライ。

さらに攻撃の手を緩めない近鉄はモールを起点にSOクウェイド・クーパー、NO8ロロ・ファカオシレアがトライを挙げ、17-7とリードする。だが、宗像サニックスもゴール前でFWが粘り、PR(プロップ)佐々木駿がグラウンディング。14-17と3点差に追い上げて前半を終えた。

J SPORTS 放送情報

後半4分、いきなり試合が動く。相手を持ち上げる危険なタックルで近鉄NO8ファカオシレアがレットカードで一発退場。数的有利となった宗像サニックのペースとなるかと思われたが、近鉄はFW陣のハードワークとSH(スクラムハーフ)ウィル・ゲニアのキックで上手く敵陣でのプレータイムを増やす。12分にはゴールまで粘りLO(ロック)マイケル・ストーバーグがねじ込んで24-14とする。

宗像サニックスもゴール前のスクラムでペナルティを得て、クイックタップから途中出場のFL鶴岡怜志がトライを挙げ、21-24と再び3点差に追い上げる。33分、近鉄はSHゲニアの裏へのキックをWTB片岡涼亮がキャッチし、そのままトライ。ゴールも決まって10点差とし、そのまま31-21でノーサイドを迎えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ