人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月12日

ラグビー日本代表、52名の候補選手を発表。ワールドカップ以来の活動再開へ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

会見を行う藤井雄一郎ディレクター

4月12日(月)、ラグビー日本代表ナショナルチームディレクターの藤井雄一郎氏が会見を開き、2019年ラグビーワールドカップ後としては初となる、2021年度の日本代表候補選手と今後のスケジュールについて発表した。

今回の日本代表候補は52名(FW:29名、BK:23名)が発表されたが、トップリーグの活躍や、ケガ人の状況を確認し、5月24日に35名に絞り、26日から大分・別府合宿を行う。

6月12日に静岡・エコパで強化試合を行い、16日に渡英して、26日、スコットランドで行われる「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」戦に備える。その後のテストマッチは国内で開催したい方向で模索しているが、英国にそのまま残って行う可能性もあるという。

J SPORTS 放送情報

「2019年ワールドカップのスタッフのまま臨みたい」とジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)の方針で、コーチ陣はストレングス&コンディショニングコーチ以外は、ほぼ変わらなかった。

7人制でも活躍したサントリーの江見は初キャップを目指す

また、今回発表された52名の日本代表候補を見ると、2019年の日本代表メンバー21名が中心で、ノンキャップが21名、10名が過去のテストマッチに出場したことがある選手となった。最多はサントリーの12人、次にパナソニックの11人で、神戸製鋼が5人、トヨタ自動車が4人となった。

まず、ジェイミー・ジョセフHCは日本ラグビー協会を通して「最後のスコッド発表から長い時間が経ち、ずっと待っていましたが、これから始まるライオンズへの挑戦に、ものすごく胸躍る気持ちです。史上初となるこの対戦は、チームにとって非常に特別な機会となるでしょう」。

「このスコッド発表が、私たちの準備の第1歩となります。2021年のトップリーグでは、素晴らしいチームパフォーマンスがあちらこちらで見られ、チーム同士の争いはこれまで以上に接戦を極めていて、日本ラグビーの成長にとっては素晴らしいことだと思います」。

「ワールドカップ以降、代表から引退したプレーヤーもいれば、個人的な理由で代表選考の対象にならなくなったプレーヤーもいます。これによって、次の選手層にいるプレーヤーたちには、全力をぶつけて代表レベルでプレーできることを示すチャンスが与えられます」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ