人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月5日

冬の花園が待ち遠しい。高校ラグビー、今シーズンの主役たち

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

3月25日(木)~31日(金)、埼玉・熊谷ラグビー場を中心に第22回全国高校選抜ラグビー大会が開催された。昨年は新型コロナウィルス感染拡大の影響で中止になったため、新3年生にとっては最初で最後の「春の選抜」となった。

今大会から32チームによるトーナメント制で行われた。1回戦から圧倒的な攻撃力で東福岡(福岡)が4連覇を狙った桐蔭学園(神奈川)を46-31で下し、2016年大会以来、最多となる6度目の優勝を飾った。それではポジションごとに個人的に印象に残った選手を挙げていきたい。

前に出る東福岡PR西野

まずはフロントローのPR(プロップ)だ。左PRではボールキャリア、そしてゴール前で強さを発揮し、先頭に立ってチームを鼓舞したのが、東福岡の西野帆平(3年)だ。決勝でも2トライを挙げて勝利に貢献し、大会MVP級の働きを見せた。

右PRでは2回戦で桐蔭学園に敗戦したものの、昨年度の花園で1年生ながら優秀選手賞の1人に選ばれた京都成章(京都)の森山飛翔(2年)は、より力強さが増していた。今季はチームの中心選手として、さらなる飛躍を遂げそうだ。東福岡の島本京(3年)も近場での力強いプレーが目立った。

そして、セットプレーの要であるHO(フッカー)は、そのセットプレーでの貢献度、突破力と総合力の高かった東福岡の赤星泰成(3年)を推したい。モールからもトライを挙げており、今後もチームの大きな得点源となりそうだ。また、佐賀工業(佐賀)のキャプテン永池海音(3年)もFW(フォワード)を引っ張り、モールからのトライで目立っていた。

決勝後半、桐蔭学園LO小椋のトライ

次にLO(ロック)だ。1人目は桐蔭学園の副将、そしてゲームキャプテンとしてチームを引っ張った小椋健介。常に接点、セットプレーで身体を張り続けて、チームを鼓舞する「リアルロック」だ。決勝戦ではブラインドサイドを突いて、反撃となるトライも挙げた。

他には大分東明(大分)の村上幸太朗(3年)は、エネルギッシュなプレーで若いFWを引っ張った。また、身長173cmと決してLOとしては大きくはないが、天理のキャプテン水流桜花(3年)は身体を張ったプレーでチームの先頭に立った。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ