人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月4日

2つの全勝対決はサントリーがクボタに勝利、神戸製鋼とパナソニックは引き分け。トップリーグ第6節のまとめ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

東京・秩父宮ラグビー場ではNECグリーンロケッツとリコーブラックラムズが対戦した。前半はスクラム、モールでリコーが優位に立つ。

前半6分、スクラムを起点に、最後はFLブロードハースト マイケルがトライ。12分にはモールを押し込んだ後、最後はWTBキーガン・ファリアがトライ。26分にはボールを動かし、LOジェイコブ・スキーンがトライを挙げて、リコーが22-3とリードして前半を折り返す。

後半は2本ずつトライを取り合う展開となるが、最後にリコーのWTBネタニ・ヴァカヤリアがトライを挙げて、そのままリコーが37-15で勝利した。

第6節を終えてホワイトカンファレンスは、パナソニックと神戸製鋼が優勝争いを演じており、最終節で首位が決まるが、勝ち点、得失点ともに上回っているパナソニックがやや有利か。開幕から6連敗となったNECは最下位が決まった。

◆ホワイトカンファレンス 第6節結果

○ヤマハ発動機 33-21 NTTドコモ● MOM:伊藤平一郎
△神戸製鋼 13-13 パナソニック△ MOM:橋本大輝
●NEC 15-37 リコー○ MOM:ブロードハーストマイケル
 日野 中止 キヤノン

◆ホワイトカンファレンス 順位

1位 パナソニック 勝ち点26
2位 神戸製鋼 25
3位 NTTドコモ 16
4位 ヤマハ発動機 15
5位 リコー 12
6位 キヤノン 11
7位 日野 7
8位 NEC 1

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ